「小指の半分」の血液で高精度がん診断 注目のAICS

がん

2013/09/13 11:30

 血液中のアミノ酸濃度を測るだけで複数のがんの可能性が一度に分かるアミノインデックスがんリスクスクリーニング(AICS)が注目されている。簡単だが高精度。新技術が将来のがん検診を変える可能性も秘める。

あわせて読みたい

  • 乳がん「マイクロ波マンモ」で極小がんも発見可能に がん検査技術の最新事情

    乳がん「マイクロ波マンモ」で極小がんも発見可能に がん検査技術の最新事情

    AERA

    2/8

    「血液1滴、2時間」でがん判定 実用化に向けた課題とは?

    「血液1滴、2時間」でがん判定 実用化に向けた課題とは?

    週刊朝日

    1/6

  • コロナ禍のがん検診・治療「がん患者はコロナ抗体量が低かった」

    コロナ禍のがん検診・治療「がん患者はコロナ抗体量が低かった」

    週刊朝日

    7/9

    血液がん検査、早期実用化の動きは「危うい」 専門医が警鐘するワケ

    血液がん検査、早期実用化の動きは「危うい」 専門医が警鐘するワケ

    AERA

    2/10

  • 財津和夫が公表した大腸がん 検査の種類や方法は?

    財津和夫が公表した大腸がん 検査の種類や方法は?

    dot.

    6/2

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す