「優先席で携帯電話オフ」は本当に妥当? 医師の指摘は (1/2) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

「優先席で携帯電話オフ」は本当に妥当? 医師の指摘は

このエントリーをはてなブックマークに追加
AERA
電車で見かける「携帯オフ」の呼びかけ。日本不整脈デバイスの平均寿命は6年前後。ISO規格を満たさない機種の利用者は「かなり少ない」(撮影/高井正彦)

電車で見かける「携帯オフ」の呼びかけ。日本不整脈デバイスの平均寿命は6年前後。ISO規格を満たさない機種の利用者は「かなり少ない」(撮影/高井正彦)

 電車内に虚しく響く「優先席付近での携帯電話オフ」の呼びかけ。だが現実には、優先席付近で携帯を操作する乗客は数多い。現実を直視すれば、マナーの悪さを嘆くより、呼びかけの見直しを考えるほうが妥当かもしれない。

 呼びかけの背景にあるのは、心臓ペースメーカー利用者への配慮だ。

 電気で心拍を整えるペースメーカーは、携帯の電波で誤作動を起こす場合もある。携帯が普及し始めた1997年、学界や業界、関係省庁でつくる協議会は、ペースメーカーと携帯は22センチ以上離すよう勧める「距離指針」を作成。鉄道各社はこれらをもとに、優先席付近での携帯オフを呼びかけてきた。

 では、携帯が原因とされるペースメーカーの事故は、これまであったのだろうか。総務省などによれば、電車内外を問わず「皆無」だ。

「胸ポケットに携帯を入れて抱き合うなど、極めて特殊な状態が一定時間続く場合を除き、ペースメーカーが電波に干渉される可能性は極めて低い。それに干渉されてもすぐに健康被害が起きるわけではありません」

 中島博・板橋中央総合病院不整脈・心不全診療部長は話す。

 ペースメーカーの利用者は、どう考えているのだろうか。日本心臓ペースメーカー友の会の日高進副会長が話す。


トップにもどる AERA記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい