8月号
教育ジャーナリスト 朝比奈なをAsahina Nao
さまざまな困難が集中する「教育困難校」

2019/08/01 11:00

 昨年秋、あるテレビドラマが放送された。1980年代に連載が始まった漫画が原作で、主人公は学力の高くない高校、いわゆる「底辺校」に通う男子高校生2人である。彼らを始め登場する高校生たちは男女ともに、当時、全盛期だった「ツッパリ」や「ヤンキー」と称されていた高校生特有の髪形や制服の着方をしている。そして友情や恋愛のために、あるいはライバル校生徒との抗争に不器用かつエネルギッシュに行動する。

あわせて読みたい

  • 「教育困難校」教師を追いつめる職員室の人間関係 女性教員が苦しむ同僚の”使えない”のひと言

    「教育困難校」教師を追いつめる職員室の人間関係 女性教員が苦しむ同僚の”使えない”のひと言

    dot.

    7/23

    親の孤立が子どもに連鎖 「教育困難校」の生徒が抱える“つながり格差”とは…

    親の孤立が子どもに連鎖 「教育困難校」の生徒が抱える“つながり格差”とは…

    dot.

    7/21

  • 教育困難校で急増する「外国にルーツを持つ高校生」 生徒が直面するアイデンティティの惑い

    教育困難校で急増する「外国にルーツを持つ高校生」 生徒が直面するアイデンティティの惑い

    dot.

    7/22

    「制服か私服か」で校内が真っ二つ、校長が下した決断は 名門・都立小石川中高一貫化の軋轢と改革

    「制服か私服か」で校内が真っ二つ、校長が下した決断は 名門・都立小石川中高一貫化の軋轢と改革

    dot.

    3/3

  • 伝統の男子校・成城中高「初」の女性校長として、落ち込む志願者数をV字回復させた挑戦とは

    伝統の男子校・成城中高「初」の女性校長として、落ち込む志願者数をV字回復させた挑戦とは

    dot.

    3/4

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す