4月号
東京大学名誉教授・内科医 大井玄 Ohi Gen
治せぬ医療の難しさ

2014/04/14 17:52

 若い頃、医療の力に魅せられたことがあった。亡国病といわれた結核をはじめとして感染症が次々に治るようになり、小児白血病の多くは治り、尿毒症といわれ致死的な腎不全が人工透析を受ければ何年も延命できるようになった時代である。

あわせて読みたい

  • 「80歳で歯が20本以上」では足りない!? 認知症と歯の関係

    「80歳で歯が20本以上」では足りない!? 認知症と歯の関係

    dot.

    8/7

    保険が健康寿命を伸ばす時代? 「健康だと安くなる」保険が日本を変える

    保険が健康寿命を伸ばす時代? 「健康だと安くなる」保険が日本を変える

    dot.

    1/21

  • 認知症リハビリ 専門医「健康保険適用は大きな一歩だが…」

    認知症リハビリ 専門医「健康保険適用は大きな一歩だが…」

    週刊朝日

    2/28

    2025年には700万人!? 高齢者の5人に1人が認知症に

    2025年には700万人!? 高齢者の5人に1人が認知症に

    dot.

    12/13

  • 朝丘雪路さんが患ったアルツハイマー型認知症 患者数増には「歯」も関係する?

    朝丘雪路さんが患ったアルツハイマー型認知症 患者数増には「歯」も関係する?

    週刊朝日

    5/20

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す