【「本屋大賞2016」候補作紹介】史実とフィクションがリンクするミステリー小説『王とサーカス』

2016/02/08 12:20

 BOOKSTANDがお届けする「本屋大賞2016」ノミネート全10作の紹介。今回、取り上げるのは米澤穂信・著『王とサーカス』です。

あわせて読みたい

  • 【本屋大賞2016】宮下奈都さん『羊と鋼の森』に決定!!

    【本屋大賞2016】宮下奈都さん『羊と鋼の森』に決定!!

    BOOKSTAND

    4/12

    【速報】 「本屋大賞2015」は上橋菜穂子さんの『鹿の王』に決定!!

    【速報】 「本屋大賞2015」は上橋菜穂子さんの『鹿の王』に決定!!

    BOOKSTAND

    4/7

  • 【「本屋大賞2018」候補作紹介】『屍人荘の殺人』――

    【「本屋大賞2018」候補作紹介】『屍人荘の殺人』――"ベタな設定"と油断すると痛い目に合う!?

    BOOKSTAND

    3/29

    【本屋大賞2018】辻村深月さん『かがみの孤城』に決定!

    【本屋大賞2018】辻村深月さん『かがみの孤城』に決定!

    BOOKSTAND

    4/10

  • 【「本屋大賞2020」候補作紹介】『medium霊媒探偵城塚翡翠』――「すべてが、伏線」美少女霊媒師と推理作家コンビが難事件に挑む

    【「本屋大賞2020」候補作紹介】『medium霊媒探偵城塚翡翠』――「すべてが、伏線」美少女霊媒師と推理作家コンビが難事件に挑む

    BOOKSTAND

    3/27

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す