ある意味、全米が泣いた? パリに「やられた」アメリカ人女性の話 〈BOOKSTAND〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

ある意味、全米が泣いた? パリに「やられた」アメリカ人女性の話

このエントリーをはてなブックマークに追加
BOOKSTAND

 多くの人びとを魅了してやまない街、パリ。カルフォルニアガールであったジェニファー・L・スコットさんも、大学生のとき、交換留学生として半年間パリに暮らし、すっかりパリに魅了されたそうです。



 留学期間お世話になったホストファミリーの家での暮らしを通して実感した、パリに暮らす人びとの日常生活。彼らのライフスタイルやものの考え方には学ぶべき点も多く、大きな影響を受けたのだといいます。



 本書『フランス人は10着しか服を持たない』では、スコットさんがパリで衝撃を受けた数々の見習うべき事柄――服装や食事、美容等にまつわる事柄が紹介されていきます。



 まずフランス人のライフスタイルで最も重んじられるのは、質の良さなのだそうです。身だしなみ、インテリア、食事、会話や時間の使い方、全てに渡って質の高い暮らしを行っているのだと、スコットさんはいいます。



「質の高い豊かな暮らしを送ろうと決心すると、生活のあらゆる面で質の良さが大事になってくる。食材や衣服から時間の過ごし方まで、それまでよりもずっと質にこだわって選ぶようになる。そうするとファストフードをドカ食いしたり、セールだからと安物の服を衝動買いしたり、テレビの前で何時間も貴重な時間をムダにしたりすることが、自然と少なくなっていく」(本書より)



 では、例えば質の良い食事とは、具体的にはどういったものなのでしょうか。実際、ホストファミリーの家での食事は、食材にこだわった実に豊かなものだったといいます。



 淹れたての紅茶の他に、朝食のテーブルには、いつも次のようなものが並んでいたそうです。



* 新鮮なフルーツ

* フロマージュブラン(濃厚でおいしいフレッシュチーズ)

* 夕べの残りのタルト

* タルティーヌ(焼いたバゲットにジャムを塗ったもの)



 そして、これらの品々をきれいにテーブルに並べ、きちんとしたマナーで食し、最高のスタートで一日を始めるのだそうです。



 同書で紹介されているライフスタイルを、いきなり全て実践することはなかなか困難なもの。しかしいつもの生活に、少しずつそれら要素を自分なりに取り入れてみたり、意識を変えてみることで、質の良い豊かな暮らし方に近づけるのではないでしょうか。


(記事提供:BOOK STAND)

トップにもどる BOOKSTAND 記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい