『レナードの朝』原作者が垣間見たロビン・ウィリアムズの心の闇

2014/08/13 17:00

 今月8月11日にその生涯を終えた俳優、ロビン・ウィリアムズ。1992年公開のディズニーアニメ『アラジン』では、ランプの精・青い魔人のジーニーの声を茶目っ気たっぷりに演じるなど、お得意のマシンガントークとモノマネを生かした役柄の印象が強いロビンですが、意外なことに医師役を演じることも多く、その数は5回以上なのだとか。1997年『グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち』の精神分析医役ではアカデミー賞助演男優賞に輝き、1998年『パッチ・アダムス』では実在の医師役を演じています。

あわせて読みたい

  • 「言葉を忘れても、歌は歌える」 知識人が語る人類の可能性とは

    「言葉を忘れても、歌は歌える」 知識人が語る人類の可能性とは

    BOOKSTAND

    7/26

    『フッド:ザ・ビギニング』ヒロインに注目、演じている女優は実はあの有名シンガーの娘

    『フッド:ザ・ビギニング』ヒロインに注目、演じている女優は実はあの有名シンガーの娘

    Billboard JAPAN

    9/24

  • 半身不随の風刺漫画家、ガス・ヴァン・サント最新作で自伝映画に

    半身不随の風刺漫画家、ガス・ヴァン・サント最新作で自伝映画に

    AERA

    5/1

    ビヨンセ、新曲「Be Alive」が映画『ドリームプラン』の予告編に起用

    ビヨンセ、新曲「Be Alive」が映画『ドリームプラン』の予告編に起用

    Billboard JAPAN

    10/22

  • “ロックンロール60周年”ワーナー、ソニー、ユニバーサル3社がロック創世記コンピを同時発売 全150曲リストも公開

    “ロックンロール60周年”ワーナー、ソニー、ユニバーサル3社がロック創世記コンピを同時発売 全150曲リストも公開

    Billboard JAPAN

    6/10

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す