ラグジュアリーブランドが提案する「食」の新しい楽しみ方

2014/06/14 09:00

 最近、高級車ブランドが運営するカフェやレストランが続々登場しています。たとえば、高級車の代名詞ともいえるメルセデス・ベンツは、2011年に東京・六本木の東京ミッドタウン前にコンセプトショップ「メルセデス・ベンツ コネクション」をオープン。1階にカフェ、2階部分にはミシュラン2つ星レストラン「Restaurant Ryuzu(リューズ)」を併設するなど、高級車ブランドの新しい試みとして注目を集めています。また、同じドイツの高級車アウディも今年2月、東京・原宿のショールーム2階部分をカフェスペースにリニューアルし、"感度の高いユーザー"から高い評価を得ています。

あわせて読みたい

  • ベンツ、シャネル、レクサス…高級ブランドがいま「食」に注目する理由

    ベンツ、シャネル、レクサス…高級ブランドがいま「食」に注目する理由

    dot.

    6/16

    アウディ、ベンツ、レクサス それぞれの高級車ブランドがカフェを重視する理由

    アウディ、ベンツ、レクサス それぞれの高級車ブランドがカフェを重視する理由

    dot.

    2/28

  • 「ソーシャル」の時代--ラグジュアリーブランドに求められるものとは?

    「ソーシャル」の時代--ラグジュアリーブランドに求められるものとは?

    BOOKSTAND

    7/11

    ソーシャルメディアが変えた ラグジュアリーブランドのコミュニケーション

    ソーシャルメディアが変えた ラグジュアリーブランドのコミュニケーション

    BOOKSTAND

    3/7

  • 気鋭のライター・小山田裕哉が語る高級ブランドに学ぶSNS時代の販売戦略とは

    気鋭のライター・小山田裕哉が語る高級ブランドに学ぶSNS時代の販売戦略とは

    BOOKSTAND

    1/29

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す