75歳以上に安楽死を勧める制度ができたら…落合恵子が考えたこと

映画

2023/02/02 11:30

 昨年公開のフィクション映画「PLAN75」はリアルな現実と架空の近未来が重なって観る人の心をかき乱した。理由は「75歳以上に安楽死を勧める制度ができたら──」という世界を描いていたから。作家で、クレヨンハウス代表の落合恵子さんに「映画のような社会を現実のものとしないために私たちに何ができるのか」について聞いた。

あわせて読みたい

  • 「介護をもう一度やらせてもらえる?」作家・落合恵子の“母との別れ”

    「介護をもう一度やらせてもらえる?」作家・落合恵子の“母との別れ”

    週刊朝日

    2/27

    “認知症”公表の蛭子能収「死ぬことは一番嫌い。何の儲けもない」 人の幸せとは

    “認知症”公表の蛭子能収「死ぬことは一番嫌い。何の儲けもない」 人の幸せとは

    週刊朝日

    2/3

  • 75歳・落合恵子の“覚悟” 若い頃にはわからなかった「自分と人生との付き合い方」

    75歳・落合恵子の“覚悟” 若い頃にはわからなかった「自分と人生との付き合い方」

    dot.

    12/26

    10月号フォトジャーナリスト 安田菜津紀 Yasuda Natsuki絵本と「動詞」の生き方

    10月号フォトジャーナリスト 安田菜津紀 Yasuda Natsuki絵本と「動詞」の生き方

    10/1

  • 第120回 原発とエネルギーを学ぶ朝の教室「女のことばで語ろう」伊藤比呂美さん講演会

    第120回 原発とエネルギーを学ぶ朝の教室「女のことばで語ろう」伊藤比呂美さん講演会

    2/25

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す