「国交正常化50周年」前に冷え込む日中関係 「習近平来日」プランもペロシ米下院議長訪台で幻に

2022/08/19 07:00

 凶弾に倒れた安倍晋三元首相の国葬が9月27日に日本武道館で開催される。岸田文雄首相が葬儀委員長を務め、150以上の国・地域から要人が参列するとみられる。岸田首相は“弔問外交”で存在感をアピールすると予測されている。

あわせて読みたい

  • 岸田政権「求心力」失う一歩か 北京五輪の外交ボイコット「足して2で割る」結論で

    岸田政権「求心力」失う一歩か 北京五輪の外交ボイコット「足して2で割る」結論で

    AERA

    12/21

    台湾有事、最大の危険は中国の「戦略的判断ミス」 戦前の日本と類似点も

    台湾有事、最大の危険は中国の「戦略的判断ミス」 戦前の日本と類似点も

    週刊朝日

    8/24

  • 日中平和友好条約から40年 日中関係のこれまでを振り返る

    日中平和友好条約から40年 日中関係のこれまでを振り返る

    dot.

    12/28

    「日中国交正常化50周年記念慶典」記者発表会のご案内

    「日中国交正常化50周年記念慶典」記者発表会のご案内

    PR TIMES

    9/12

  • 岸田首相が安倍氏の葬儀を「国葬」にした理由 対中包囲政策を引き継ぐ意思表示か

    岸田首相が安倍氏の葬儀を「国葬」にした理由 対中包囲政策を引き継ぐ意思表示か

    AERA

    7/27

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す