「呼吸するだけで痛い」帯状疱疹は治療の遅れに注意 虫刺されと勘違いも

ヘルス

2022/08/17 17:00

 患者数が増加している帯状疱疹。新型コロナウイルスの感染拡大以降、さらに増えて静かに流行中という指摘もある。特に問題なのは、発疹が治ったあとも、長期にわたって痛みに悩まされるケースがあることだ。

あわせて読みたい

  • 皮膚に繁殖するカビ 水虫が感染する意外なルートとは?
    筆者の顔写真

    大塚篤司

    皮膚に繁殖するカビ 水虫が感染する意外なルートとは?

    週刊朝日

    4/12

    ピリピリ痛い、水ぶくれは帯状疱疹?「水ぼうそう」にかかったことのある人は要注意

    ピリピリ痛い、水ぶくれは帯状疱疹?「水ぼうそう」にかかったことのある人は要注意

    dot.

    7/20

  • じんま疹やアトピー性皮膚炎がコロナワクチン接種後に発症、悪化 海外報告を医師が解説
    筆者の顔写真

    大塚篤司

    じんま疹やアトピー性皮膚炎がコロナワクチン接種後に発症、悪化 海外報告を医師が解説

    dot.

    6/24

    実はワクチンで予防可能だった!3人に1人が80歳までにかかる「帯状疱疹」の実態とは

    実はワクチンで予防可能だった!3人に1人が80歳までにかかる「帯状疱疹」の実態とは

    dot.

    7/26

  • 「帯状疱疹」の症状が治まったはずなのに… 専門医が語る慢性的な神経痛の怖さ

    「帯状疱疹」の症状が治まったはずなのに… 専門医が語る慢性的な神経痛の怖さ

    週刊朝日

    5/13

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す