医師殺害事件で浮かんだ在宅医療の課題 医療者を敵視する利用者も

2022/02/22 08:00

 全国の在宅医療・介護関係者に強い衝撃を与えた1月の事件。埼玉県ふじみ野市の住宅で、男が散弾銃を発砲し、医師を殺害。殺された医師は、事件前日に亡くなった容疑者の母親が利用していた在宅クリニックの担当医だった。需要を増す在宅医療の課題が浮かび上がった。

あわせて読みたい

  • 在宅医療の現場はリスクだらけ「包丁やトンカチを振りかざす」患者も…身の危険を感じた看護師が激白

    在宅医療の現場はリスクだらけ「包丁やトンカチを振りかざす」患者も…身の危険を感じた看護師が激白

    dot.

    2/28

    いざ「在宅療養生活」何をどこに相談したら? 自治体が始めたサービスとは

    いざ「在宅療養生活」何をどこに相談したら? 自治体が始めたサービスとは

    dot.

    7/20

  • 在宅医「『焼香に来い』はありえない」 立てこもり医師死亡事件を考える

    在宅医「『焼香に来い』はありえない」 立てこもり医師死亡事件を考える

    週刊朝日

    2/9

    「在宅医療」が続けられるかどうかのポイントは?

    「在宅医療」が続けられるかどうかのポイントは?

    週刊朝日

    5/6

  • 自宅に医師が来てくれる「在宅医療」 病院での医療とは何が違う?

    自宅に医師が来てくれる「在宅医療」 病院での医療とは何が違う?

    dot.

    10/2

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す