ピンクは女の子の色と誰が決めた? 千葉雅子が抱く“女らしく”の違和感

2021/10/08 11:30

 千葉雅子さんは劇団「猫のホテル」主宰として30年、ずっと敗者が持つ“バカ哀しさ”を描いてきた。それが、両親との別離、パートナーとの入籍を経て、初めて、闘う女性を描きたいと思った。

あわせて読みたい

  • 二元論で語られがちなSNS時代 “演劇人”千葉雅子が大切にしていること

    二元論で語られがちなSNS時代 “演劇人”千葉雅子が大切にしていること

    週刊朝日

    10/8

    八嶋智人「全体的な熱量は変わらない感じ」 半分になった観客を前にして

    八嶋智人「全体的な熱量は変わらない感じ」 半分になった観客を前にして

    週刊朝日

    9/10

  • 佐々木蔵之介、実はコンプレックスだらけだった 俳優になった理由

    佐々木蔵之介、実はコンプレックスだらけだった 俳優になった理由

    週刊朝日

    5/10

    「日本の戯曲は打ち上げ花火」シルビア・グラブが語る芝居

    「日本の戯曲は打ち上げ花火」シルビア・グラブが語る芝居

    週刊朝日

    6/25

  • 木野花「演劇を始めたのは勘。教師に戻れるかもと妄想していた」

    木野花「演劇を始めたのは勘。教師に戻れるかもと妄想していた」

    週刊朝日

    2/12

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す