「ヤフコメ」は日本の恥? 社内で問題視も「PVが減るから閉鎖できない」

2021/08/14 10:00

※写真はイメージです (GettyImages)
※写真はイメージです (GettyImages)

 日本選手団の金メダルラッシュに沸いた東京五輪だったが、選手へのインターネット上の誹謗(ひぼう)中傷が問題となった。

【アンケート結果】テレビを見ていて信用できないと思う人1位は?

 卓球混合ダブルス金メダルの水谷隼は自らのSNSアカウントに届いた内容を7月31日に公開。そこには「死ね!」「くたばれ!」などと書かれた文字が次々に出てくる動画が掲載されていた。

 聖火最終ランナーを務めた女子テニスの大坂なおみにも、ネット上で日本語の批判が殺到した。

 ニュース配信サイト大手のヤフーニュースのコメント欄、通称「ヤフコメ」には、大坂の記事に数百ものコメントがついた。そのほとんどが、大坂に対する批判だ。なかには「(聖火最終ランナーは)純日本人を起用するべきだった」といった外国人嫌悪むき出しのコメントもある。

 ヤフーニュースの月間ページビュー(PV)は昨年4月に225億を記録。ニュースメディアとして影響力は大きい。にもかかわらず、なぜ選手を傷つけるコメントが放置されているのか。ヤフー関係者は、こう話す。

「ヤフーニュースのPVのうち、1~2割はコメント欄が稼いでいる。コメント欄を問題視している人は社内でもたくさんいるが、PVが減るから閉鎖できないんです」

1 2

あわせて読みたい

  • 「コメント欄閉鎖も初めて導入」ヤフーは誹謗中傷コメントを排除できるのか

    「コメント欄閉鎖も初めて導入」ヤフーは誹謗中傷コメントを排除できるのか

    プレジデントオンライン

    10/25

    中3男子刺殺事件「悪者」がネット世論で行ったり来たり 極端思考の裏に「おすすめ機能」の罠

    中3男子刺殺事件「悪者」がネット世論で行ったり来たり 極端思考の裏に「おすすめ機能」の罠

    AERA

    12/17

  • 津田大介「ニュースのコメント欄で広がる排斥意識」
    筆者の顔写真

    津田大介

    津田大介「ニュースのコメント欄で広がる排斥意識」

    週刊朝日

    5/20

    津田大介「ようやく始まった日本のヘイト投稿対策」
    筆者の顔写真

    津田大介

    津田大介「ようやく始まった日本のヘイト投稿対策」

    週刊朝日

    8/21

  • 津田大介「裁判で明確化したプラットフォームの責任」
    筆者の顔写真

    津田大介

    津田大介「裁判で明確化したプラットフォームの責任」

    週刊朝日

    7/20

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す