桐谷健太「三船敏郎に勝手な親近感。高校のときからギラついていた」

2021/08/07 11:30

 20代の初め、「役者として大成したい!」という野心を胸に目をギラギラとさせていた頃、「往年の三船敏郎みたいだ」と言われたことがある。そう話すのは、俳優の桐谷健太さんだ。勉強のためにと、古い日本映画を片っ端から観ていた時期。黒澤明監督作品で、三船敏郎が登場するたびに、勝手に親近感を抱いていた。

あわせて読みたい

  • 桐谷健太が12年ぶり2度目の舞台へ「“変化”に面白さを感じる」

    桐谷健太が12年ぶり2度目の舞台へ「“変化”に面白さを感じる」

    週刊朝日

    8/7

    石原裕次郎、三船敏郎の映画「黒部の太陽」は何がすごいのか!?

    石原裕次郎、三船敏郎の映画「黒部の太陽」は何がすごいのか!?

    週刊朝日

    4/7

  • 松田優作も引きつけられた元妻・松田美智子の魅力とは?

    松田優作も引きつけられた元妻・松田美智子の魅力とは?

    週刊朝日

    2/10

    半沢直樹の原点は黒澤明の「用心棒」~インタビュー(1)

    半沢直樹の原点は黒澤明の「用心棒」~インタビュー(1)

    週刊朝日

    9/20

  • 桐谷健太“天才役”演じる苦悩を救った言葉とは?

    桐谷健太“天才役”演じる苦悩を救った言葉とは?

    週刊朝日

    11/27

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す