田原俊彦が赤いポルシェでウーバーイーツ!? 還暦でも茶目っ気変わらず (1/3) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

田原俊彦が赤いポルシェでウーバーイーツ!? 還暦でも茶目っ気変わらず

田原俊彦さん(右)と林真理子さん (撮影/写真部・戸嶋日菜乃)

田原俊彦さん(右)と林真理子さん (撮影/写真部・戸嶋日菜乃)

田原俊彦 (撮影/写真部・戸嶋日菜乃)

田原俊彦 (撮影/写真部・戸嶋日菜乃)

 1979年、ドラマ「3年B組金八先生」(TBS系)でデビュー。80年代アイドル全盛期からスターとして君臨し続ける男・田原俊彦。今月、77作目のシングルで、自身の60歳記念ソングの「HA-HA-HAPPY」をリリースするなど、今も輝くトシちゃんが作家・林真理子さんと対談。デビュー当時を振り返りました。

田原俊彦 ジャニーズ事務所に直談判、ジャニーさんに「スターになりたい」】より続く

【田原俊彦さんの写真をもっと見る】

*  *  *
林:あのいちばん忙しいころ、田原さん、睡眠時間3時間だったんですって?

田原:ピンク・レディーは3時間しか寝てないとかいうから、「そんなことあるわけねえだろ」と思ったら、ありましたね。ハハハッ。

林:どこで寝てたんですか。

田原:どこって、合宿所ですよ。女のところで寝てないですよ、たまにしか。ア~ハッハッハッ。

林:原宿の合宿所ですね。私はそこの裏に住んでたんです。

田原:あ、そうなんですか。僕はあそこの合宿所にハタチから6年間いたのかな。朝8時ぐらいに仕事に行って、テッペン(午前零時)回って帰ってきて、それから合宿所抜け出して遊びに行ったりしてました。抜け出さなきゃ6時間寝られたのに、遊びに行っちゃうから3時間しか寝られない(笑)。でも、元気いいからさ。まだ22、23歳とかの子どものころですよ。遊びを覚えて調子こいてたら、バブルに入っていくんです。

林:もう、最高じゃないですか。

田原:バブルのときの田原俊彦はすごかったですよ。毎夜毎夜マハラジャ(東京・麻布十番にあったディスコ)に行ってましたから。

林:お金は腐るほど入るわ、女の子もワンサカ寄ってくるわ、そりゃ楽しいですよね。

田原:男がいちばん生き生き美しく輝くのって、27、28、29じゃないかな。そのとき僕はバブルと共存してたんで、そりゃもう楽しくて。ケータイがない時代だから、おちおち家にいられないんですよ。寝なきゃいけないのに「何か起きてるんじゃないか。カワイイ子が来てるんじゃないか。よし、行くぞッ!」みたいなことの連続。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい