「いつ死ぬかわからないから…」下重暁子、パレスチナキャンプ取材を思い出す

ときめきは前ぶれもなく

下重暁子

2021/05/28 07:00

 人間としてのあり方や生き方を問いかけてきた作家・下重暁子氏の連載「ときめきは前ぶれもなく」。今回は、「死がそこにあればこそ」。

あわせて読みたい

  • 中東のパリと呼ばれたベイルートの大爆発 作家・下重暁子が過ごした日々は…
    筆者の顔写真

    下重暁子

    中東のパリと呼ばれたベイルートの大爆発 作家・下重暁子が過ごした日々は…

    週刊朝日

    8/28

    「あまりにも理不尽でひどい」記者が見たエルサレム「首都宣言」の代償 

    「あまりにも理不尽でひどい」記者が見たエルサレム「首都宣言」の代償 

    AERA

    12/19

  • 「狙われる恐怖」乗り越え病気の子供救う…イスラエル女性の葛藤 現地にいる日本人が生の声を取材

    「狙われる恐怖」乗り越え病気の子供救う…イスラエル女性の葛藤 現地にいる日本人が生の声を取材

    AERA

    6/4

    停戦は「命が脅かされなくなる」だけ “巨大な監獄”ガザに残された人々

    停戦は「命が脅かされなくなる」だけ “巨大な監獄”ガザに残された人々

    週刊朝日

    10/18

  • アメリカ大使館エルサレム移転で遠のく中東和平 そもそも何が問題なの?

    アメリカ大使館エルサレム移転で遠のく中東和平 そもそも何が問題なの?

    AERA

    8/9

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す