【家つまみ】寒い夜もぽかぽか! 甘塩鮭の豆乳仕立て「煮込み椀」 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

【家つまみ】寒い夜もぽかぽか! 甘塩鮭の豆乳仕立て「煮込み椀」

連載「家つまみでひとやすみ」

黒田民子週刊朝日#黒田民子
鮭と冬野菜の豆乳煮  (撮影/写真部・松永卓也)

鮭と冬野菜の豆乳煮  (撮影/写真部・松永卓也)

【ワンポイントアドバイス】鮭はウロコを指でこすって取り除き、表面の汚れを水で洗ってペーパーで拭く。(左) 硬い野菜は先に入れて煮込んで味を含ませ、葉物は後で豆乳と加えて軽く煮る。 (撮影/写真部・松永卓也)

【ワンポイントアドバイス】鮭はウロコを指でこすって取り除き、表面の汚れを水で洗ってペーパーで拭く。(左) 硬い野菜は先に入れて煮込んで味を含ませ、葉物は後で豆乳と加えて軽く煮る。 (撮影/写真部・松永卓也)

黒田民子(くろだ・たみこ)/1947年生まれ。料理研究家。All About「ホームメイドクッキング」ガイド。旬の素材を生かした家庭料理のレシピが幅広い世代に支持されている。趣味は美術館巡り

黒田民子(くろだ・たみこ)/1947年生まれ。料理研究家。All About「ホームメイドクッキング」ガイド。旬の素材を生かした家庭料理のレシピが幅広い世代に支持されている。趣味は美術館巡り

 料理研究家の黒田民子さんが教える「家つまみでひとやすみ」。今回は「鮭と冬野菜の豆乳煮」。

【作る際のワンポイントアドバイスはこちら】

*  *  *
 立春が過ぎましたが、夜はぐっと気温が下がって冷え込みますね。

 こんな季節におすすめしたい、煮込み椀。いつもは焼き魚にする甘塩鮭の塩気を生かして、あたたかな豆乳仕立てにしてみました。

 まずは甘塩鮭の下処理から。ウロコが気になる方は、指でこすって取り除いてください。中骨があれば包丁で切り落とします。身の表面の汚れを水でさっと洗い流し、ペーパーで拭き取りましょう。そしてひとくち大に切ります。

 上手に煮込むためには野菜の切り方にもコツがあるんです。白菜は芯と葉に切り分け、にんじんや里芋は、厚いと早く煮えないので薄くイチョウ切りにします。

 まずは鮭と一緒に白菜の芯など硬い野菜を先に鍋に入れ、調味料を加えてフタをして煮込みます。野菜がやわらかくなったら白菜の葉、小松菜、豆乳を入れ、軽く火を入れたらできあがり。

 あつあつを器に盛って、ふーふー言いながら召し上がってください。寒い夜も体がぽかぽかにあたたまりますよ。

(構成/沖村かなみ)

■鮭と冬野菜の豆乳煮
【材料】(2人分)甘塩鮭2切れ、白菜2枚、にんじん1/4本、里芋1個、小松菜1株、豆乳200ml、A(醤油大さじ1、みりん小さじ2、酒大さじ2、水100ml)

【作り方】(1)甘塩鮭はウロコを取り、水でさっと洗ってペーパーで拭き取り、ひとくち大に切る。(2)白菜は芯をそぎ切りに、葉はひとくち大に切る。にんじんと里芋は皮をむき、薄くイチョウ切りにする。小松菜は5cm幅に切る。(3)鍋に鮭、白菜の芯、にんじん、里芋、Aの調味料を入れてフタをし、中火で5分程度煮る。(4)白菜の葉、小松菜、豆乳を加えて軽く煮て、器に盛り付ける。

【ワンポイントアドバイス】鮭はウロコを指でこすって取り除き、表面の汚れを水で洗ってペーパーで拭く。硬い野菜は先に入れて煮込んで味を含ませ、葉物は後で豆乳と加えて軽く煮る。

週刊朝日  2021年2月19日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

黒田民子

黒田民子(くろだ・たみこ)/1947年生まれ。料理研究家。All About「ホームメイドクッキング」ガイド。旬の素材を生かした家庭料理のレシピが幅広い世代に支持されている。趣味は美術館巡り。

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい