「飼いたい」が一転「引き取ってほしい」 再び犬猫に“暗い影”

ペット

2021/02/15 08:02

「また昨年のようなことが起きないか……」。2度目の緊急事態宣言が発出され、そう案じるのは東京でペットの保護に努めるNPO法人「ティアハイム・コクア」の山田直美代表だ。昨年は犬や猫を手放したい、という飼い主が殺到し、活動の現場は混乱をきたした。

あわせて読みたい

  • 今ペットを飼って「後悔する人」「しない人」の差

    今ペットを飼って「後悔する人」「しない人」の差

    東洋経済

    3/26

    高齢が理由でペットを愛護センターに 殺処分の可能性も

    高齢が理由でペットを愛護センターに 殺処分の可能性も

    週刊朝日

    10/10

  • 第1194回 ロンが亡くなって気づいたこと

    第1194回 ロンが亡くなって気づいたこと

    週刊朝日

    9/22

    「殺処分ゼロ」はまやかし、日本でペットの「闇処分」が横行する理由

    「殺処分ゼロ」はまやかし、日本でペットの「闇処分」が横行する理由

    ダイヤモンド・オンライン

    2/10

  • レスキューにも同行 浅田美代子が保護犬を受け入れた理由

    レスキューにも同行 浅田美代子が保護犬を受け入れた理由

    週刊朝日

    2/10

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す