嘉門タツオさんがYouTubeで訴える 「看護の現場」が話題 きっかけは名看護婦の伯母の言葉

2021/02/09 09:00

 替え歌メドレーやパロディーソングで知られるシンガー・ソングライターの嘉門タツオさんが、自身のYouTubeチャンネル「嘉門タツオ公式チャンネル」で配信したオリジナルソング「看護の現場の声を反映して歌ってみました」が医療関係者の間で話題になっている。コロナ禍で逼迫(ひっぱく)している医療現場。過酷な状況を憂えた歌詞は共感を呼び、静かに波紋を広げている。

あわせて読みたい

  • コロナで疲弊する看護師の現実「世間はGo To楽しんでいるのに」

    コロナで疲弊する看護師の現実「世間はGo To楽しんでいるのに」

    週刊朝日

    12/6

    嘉門タツオ62歳、初めて語る「母との別れ」 今だからこそ思う「歌う意義」
    筆者の顔写真

    中西正男

    嘉門タツオ62歳、初めて語る「母との別れ」 今だからこそ思う「歌う意義」

    dot.

    12/4

  • コロナ禍の看護師離脱で「処遇」「キャリア」など課題 米国は上級職あり新卒1千万円のケースも

    コロナ禍の看護師離脱で「処遇」「キャリア」など課題 米国は上級職あり新卒1千万円のケースも

    AERA

    2/3

    切迫流産でも「夜勤から逃げられない」 36歳看護師のマタハラ実録
    筆者の顔写真

    小林美希

    切迫流産でも「夜勤から逃げられない」 36歳看護師のマタハラ実録

    dot.

    5/9

  • ナイチンゲールにちなんで…5月12日は、「看護の日」です

    ナイチンゲールにちなんで…5月12日は、「看護の日」です

    tenki.jp

    5/12

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す