「安室奈美恵さんのときは…」 篠山紀信の「表紙」撮影秘話 (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

「安室奈美恵さんのときは…」 篠山紀信の「表紙」撮影秘話

菊地武顕週刊朝日
安室奈美恵 1997.1.3―1077年、沖縄県生まれ。92年、沖縄アクターズスクールから選抜されたSUPER MONKEY’Sの一員としてデビュー。95年に「太陽のSEASON」でソロデビュー。小室哲哉氏のプロデュースを受けて、あっという間に時代の寵児になった。96年にアムラーが新語・流行語大賞トップテンに。表紙はその時期に撮影した。頂点に立ち続けたまま2018年引退 (撮影/篠山紀信)

安室奈美恵 1997.1.3―10
77年、沖縄県生まれ。92年、沖縄アクターズスクールから選抜されたSUPER MONKEY’Sの一員としてデビュー。95年に「太陽のSEASON」でソロデビュー。小室哲哉氏のプロデュースを受けて、あっという間に時代の寵児になった。96年にアムラーが新語・流行語大賞トップテンに。表紙はその時期に撮影した。頂点に立ち続けたまま2018年引退 (撮影/篠山紀信)

 篠山紀信氏が本誌の表紙を撮り始めたのは、1978年。以後20年もの長きにわたって飾ったスターたちの貌(かお)は、時代を映す貴重な鏡である。

【写真】山口百恵、吉永小百合、夏目雅子…篠山紀信「伝説の表紙」72枚はこちら

*  *  *
 20年間にわたって本誌の表紙を撮り続けた篠山紀信さん。改めてその傑作選を見て、こう語った。

「皆さんね、本当のプロとしての役者の顔をしていないんです。ちょっとズレている。ここに出てくるくらいの人たちは、毎週のように撮影があるでしょう。彼女たちにとっては、それは戦い。だから必ずカメラに向かって、挑むような強い表情をするんです。それもいいんだけど、『週刊朝日』という媒体を考えたら、フッと見せる自然な表情がいいんですよ」

 思いがけない姿を見せてくれたのが、山口百恵だ。

「百恵さんが当時やっていたお芝居に、哀しい場面があったんです。それをもう一回思い出して、とお願いしました。静かに待っているうちに、彼女の感情が込み上げてきて。涙があふれてきたんです」

 奇跡のショットの瞬間だ。

 表紙に出てくる人物は、その時代の華。既に強いイメージが読者に植え付けられている。

 それだけに難しかったし、撮りがいもあったと篠山さんは語る。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい