内田樹×斎藤幸平「『人新世』の人類滅亡危機にマルクス経済学が必要になる理由」

2021/01/03 09:02

「人新世(ひとしんせい)」という言葉が注目されている。地球が新たな時代に入ったことを意味するもので、環境危機と人類の文明をとらえ直すなかで広く議論が起きている。関連の著書もある気鋭のマルクス研究者、斎藤幸平氏は「新型コロナウイルスも人新世時代の問題のひとつにすぎない」と指摘する。思想家の内田樹氏とともに、人新世時代の日本と世界を語り合った。

あわせて読みたい

  • 斎藤幸平「私たちはコロナ後、元の生活に戻ってはならない」 ”人新世”とは何か?

    斎藤幸平「私たちはコロナ後、元の生活に戻ってはならない」 ”人新世”とは何か?

    週刊朝日

    1/3

    「SDGsは問題先送りのアリバイづくり」 売れてる本『人新世「資本論」』の主張 

    「SDGsは問題先送りのアリバイづくり」 売れてる本『人新世「資本論」』の主張 

    週刊朝日

    10/20

  • 渋沢栄一と岸田首相の「新しい資本主義」、斎藤幸平氏の「資本論」を考察する
    筆者の顔写真

    渋沢健

    渋沢栄一と岸田首相の「新しい資本主義」、斎藤幸平氏の「資本論」を考察する

    dot.

    10/24

    東京五輪失敗の根本原因はコロナではない 経済思想家・斎藤幸平

    東京五輪失敗の根本原因はコロナではない 経済思想家・斎藤幸平

    AERA

    8/8

  • スーパー台風に今の政治が無力である理由 気鋭の学者が語る「弱者への被害の移転」

    スーパー台風に今の政治が無力である理由 気鋭の学者が語る「弱者への被害の移転」

    dot.

    10/23

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す