岡江久美子「適当でいいのよ!」 出産後の大河内奈々子を救った言葉 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

岡江久美子「適当でいいのよ!」 出産後の大河内奈々子を救った言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加
吉川明子週刊朝日#お悔やみ
岡江久美子さん (c)朝日新聞社

岡江久美子さん (c)朝日新聞社

岡江久美子さんと親交があった大河内奈々子さん (事務所提供)

岡江久美子さんと親交があった大河内奈々子さん (事務所提供)

 持ち前の明るさで親しまれた俳優、岡江久美子さんが、4月に63歳で他界した。

【写真】岡江久美子さんと親交があった大河内奈々子さん

 岡江さんと20年来の交流があったという俳優の大河内奈々子さん(43)は、20歳過ぎのころ岡江さんと知り合ったという。情報番組「はなまるマーケット」にゲスト出演した時のことだった。

「実際にお会いするとテレビのままの明るい人! その上パワフルで、時々毒舌も出たりして、すごく魅力的な方でした」

 岡江さんの夫の大和田獏さんや、娘の美帆さんともつながりができ、食事に行ったこともあった。

「美帆ちゃんがとても素敵だったので、どんな子育てをされたんだろうと思っていました。でも、岡江さんは『適当でいいのよ! 私は産後1~2週間で仕事に復帰したし、神経質にならなくても勝手に育つから』って。私は31歳で出産したのですが、そんな岡江さんの言葉に救われました」

 岡江さんが「はなまる」の司会をしていた時、ゲストのお気に入りの「おめざ」を紹介するコーナーの裏話を聞いたことがあるという。

「岡江さんは『バウムクーヘンが出てくると、口の中の水分を取られてしゃべりにくくなるの。もっと大変なのはおせんべい。私はいつも本気で食べながらしゃべってたのよ』って笑っていました。おいしそうに食べていらっしゃったけど、大変なこともあるんだなって」

 大河内さんは現在、子育ての傍ら、専門学校と花屋での修業を経て始めたフラワースタイリストとしても活躍している。

「岡江さんはひまわりのように元気いっぱいで周囲にパワーを与える人。『ゴッホ』という品種のひまわりが岡江さんのイメージに近いかも。もし岡江さんに花束を差し上げられるのなら、『ゴッホ』をたくさん使ったアレンジメントにしたいです」

(吉川明子)

週刊朝日  2021年1月1‐8日合併号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい