約2割が「抑うつ症状」に 死の悲しみを引きずらないためには?

2020/12/18 08:02

『嫌われる勇気』などの著書・共著がある哲学者の岸見一郎さん(64)は、25歳のときに母(享年49)を、57歳で父(同84)を見送った。

あわせて読みたい

  • 小柳ルミ子、危篤の母に電話口で歌った「瀬戸の花嫁」 母・享年86との別れを語る

    小柳ルミ子、危篤の母に電話口で歌った「瀬戸の花嫁」 母・享年86との別れを語る

    週刊朝日

    12/16

    故・井上ひさしさんの娘・麻矢さんが今も守る約束

    故・井上ひさしさんの娘・麻矢さんが今も守る約束

    AERA

    7/8

  • 「危篤に陥り目が開いた瞬間、暗証番号は?」 後悔しない親との別れ

    「危篤に陥り目が開いた瞬間、暗証番号は?」 後悔しない親との別れ

    AERA

    7/5

    第2回 笑って明るく介護してきた母のすごさ

    第2回 笑って明るく介護してきた母のすごさ

    2/17

  • お父さんに「ありがとう」を伝えよう。意外と知らない「父の日」の歴史

    お父さんに「ありがとう」を伝えよう。意外と知らない「父の日」の歴史

    tenki.jp

    6/17

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す