「保護猫界のスターに」“愛猫家”藤あや子の“マルオレ”物語 (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

「保護猫界のスターに」“愛猫家”藤あや子の“マルオレ”物語

このエントリーをはてなブックマークに追加
鮎川哲也週刊朝日#ねこ#動物
藤あや子(ふじ・あやこ) 歌手。日本レコード大賞優秀賞など受賞多数。チャリティーカレンダーの発売など動物愛護団体の支援も行う (事務所提供)

藤あや子(ふじ・あやこ) 歌手。日本レコード大賞優秀賞など受賞多数。チャリティーカレンダーの発売など動物愛護団体の支援も行う (事務所提供)

 芸能界の愛猫家に話を聞く。今回は影響力の大きさを生かして熱心に動物保護活動に取り組む、演歌歌手・藤あや子さん。

【写真】可愛すぎる!賢いオレオと、甘えん坊のマル

*  *  *
 マルとオレオはふたりで1セット。マルオレって呼んでいます。ふたりとの生活は、義理の母が保護した猫が産んだ4匹のうち2匹を引き取ったことから始まりました。

 マルは人見知りでビビリな男の子ですが、実はとっても甘えん坊さん。一方、女の子のオレオはしっかりもの。運動神経もいいし、賢い。おもちゃで遊んでいたり、ごはんを食べていたりするときもマルにも分けてあげたりするやさしい子です。

 私は子どものころから動物に囲まれた生活をしていました。捨て猫を見つけては家に連れて帰る、そんな子でした。歌手になって猫を飼うことができたのですが、つらい別れがあり、「こんな別れはしたくない」と、以後は飼わないと決めていた。でも、縁があってマルオレに出会いました。

 マルオレと暮らし始めて、多くの発見があります。マルオレのSNSがあるのですが、10代や20代の若い女性の方は私のことを演歌歌手ではなく「マルオレのママ」として知ってくれた人が多く、それまで知り合えなかった人とも出会えました。今ではマルオレは私一人ではなく、みんなが見守ってくれている感覚。猫のコミュニティーの広さと深さを知りました。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい