「志村けんさんとパジャマ姿で一緒に猫をなでて過ごした」川上麻衣子が語る思い出 (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

「志村けんさんとパジャマ姿で一緒に猫をなでて過ごした」川上麻衣子が語る思い出

上田耕司週刊朝日
川上麻衣子(かわかみ・まいこ)さん
女優。東京都台東区にある谷中サロン「まいの問」で月2~3回、飼い主のいない猫の譲渡会を開催している。YouTubeチャンネルは「川上麻衣子ねこと今日neko - to - kyo」
 (撮影:加藤夏子)

川上麻衣子(かわかみ・まいこ)さん 女優。東京都台東区にある谷中サロン「まいの問」で月2~3回、飼い主のいない猫の譲渡会を開催している。YouTubeチャンネルは「川上麻衣子ねこと今日neko - to - kyo」 (撮影:加藤夏子)

川上さん宅で猫をかわいがる志村けんさん(川上さん提供)

川上さん宅で猫をかわいがる志村けんさん(川上さん提供)

 当時、私は結婚していたのですが、志村さんは家族みたいな感覚で、パジャマで出入りしていました。普段は割ともの静かで、あんまりしゃべらない。猫をなでてあげたり、毛づくろいをしてあげたり、猫とまったりと遊んでくれていたのが印象的です。

 お酒もゆっくり飲んでグデグデしているのが好きで、ワーッとはしゃぐタイプではなかったですね。志村さんとともに猫たちと過ごした静かな時間は、今でも忘れられない思い出です。

 そういえば、麻布十番で食事をしている時に志村さんを見かけると、よく、若い女の子を連れていましたね(笑)。私が「今度の彼女、かわいいね」とメールすると、「彼女じゃないよ」みたいなことはよくありました。

 志村さんが新型コロナに感染し、亡くなったのは3月。乗り切って欲しい、笑い話になって欲しいと、回復を祈っておりましたので未だに受け入れることが難しいです。蘇る様々な場面を思い出しています。ゆっくり休んで、体のことを心配せずに好きなお酒を楽しんで欲しいです。

 志村さんが亡くなったときにはまだ、コロナウィルスの感染拡大が始まった頃で、感染するということに実感がありませんでしたが、11月には私も感染してしまいました。38度くらいの熱が出て、10日間、ホテルの施設で隔離生活を送りました。今はすぐそばまで、コロナウイルスが来ているという実感があります。嗅覚異常が続いていたのですが、その後遺症も治り、もう大丈夫です。

 家に帰って、猫との日常が戻ってきて、ほっとしています。私にとって猫は生活の一部なので、冬になれば一緒に布団で寝ています。猫の方も、人の首が温かいことを知っていて、私の首とかに乗っかって寝ていますよ。「あ、苦しい」と目が覚めることもあります。

 人生には2通りあって、猫のいない人生と猫のいる人生がある。私は後者を選びました。やっぱり猫がそばにいるというのは、幸せですよ。

(本誌・上田耕司)

週刊朝日  12月18日号より、一部加筆


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい