眞子さまは入籍のみ地味婚か  会見で質問攻めにあった秋篠宮さまは「結婚を認める」 (1/3) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

眞子さまは入籍のみ地味婚か  会見で質問攻めにあった秋篠宮さまは「結婚を認める」

永井貴子週刊朝日
2017年9月に行われた眞子さまと小室圭さんの婚約内定会見(C)朝日新聞社

2017年9月に行われた眞子さまと小室圭さんの婚約内定会見(C)朝日新聞社

2005年に行われた紀宮さま(黒田清子さん)と黒田慶樹さんの結婚式(C)朝日新聞社

2005年に行われた紀宮さま(黒田清子さん)と黒田慶樹さんの結婚式(C)朝日新聞社

 秋篠宮家の長女・眞子さまが小室圭さんとの結婚を望む強い意志を表明してから1週間。秋篠宮さまが示した意外な「答え」は、周囲を驚かせた。ただ、これですべてが解決したわけではなく、結婚への道のりにはまだ高い壁が横たわる。くすぶり続ける騒動は、どこに着地するのだろうか。

【写真特集】ため息がでるほど美しい…ティアラにドレス、振袖姿のプリンセスはこちら

「それは結婚することを認めるということです」

 その日、秋篠宮さまの口から出たのは衝撃的な言葉であった。

 秋篠宮さまの55歳の誕生日に先立つ記者会見が、11月20日に行われた。記者からは、長女の眞子さまが13日に公表した「お気持ち」文書について質問が集中した。小室圭さんとの結婚の意志を強い言葉で示した、事実上の「結婚宣言書」だ。

 文書を報道陣に配布した際、皇嗣職大夫は「両殿下がおふたりのお気持ちを尊重された」と、意味深な言葉を漏らした。会見でその意味を問われた秋篠宮さまは冒頭のように発言したのだ。さらに、

「憲法にも結婚は両性の合意のみに基づいてというのがあります」

 と、従来の持論である憲法に保障された権利を引き合いに出し、結婚にお墨つきを与えた。

 秋篠宮さまは2年前の誕生日会見で、

「多くの人がふたりの結婚を納得し喜んでくれる状況にならなければ、婚約にあたる納采の儀を行うことはできない」

 と、小室さんの母親と元婚約者男性との金銭トラブルへの対応や説明という「宿題」をふたりに課した。だが、今回は、

「多くの人が納得して喜んでくれている状況ではない。娘も同じ気持ち」

 と暗澹たる思いを吐露しながらも、

「どれをもって多くと客観的に言うことは難しい」
「対応を全くしてないかと言えばそんなことはないと思います」

 と、トーンダウンし、ふたりを擁護した。

 元婚約者男性の代理人は現在の状況について、

「小室さんサイドから新たな連絡も進展もない」

 と話す。元婚約者男性は現在も金銭的に困窮し、体調をひどく崩しているという。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい