「なぜヘレン・ケラーのようにできないの?」で憤り…盲人著者の“渾身の試み”

2020/11/23 17:00

 ドイツ文学者の松永美穂さんが選んだ「今週の一冊」。今回は『目の見えない私がヘレン・ケラーにつづる怒りと愛をこめた一方的な手紙』(ジョージナ・クリーグ著 中山ゆかり訳、フィルムアート社 2000円・税抜き)。

あわせて読みたい

  • 実は「奇跡の人」とは、サリバン先生のことだった!

    実は「奇跡の人」とは、サリバン先生のことだった!

    tenki.jp

    4/13

    悩むだけムダ!? 生きているだけで価値がある! 自分の存在を肯定する歴史思考

    悩むだけムダ!? 生きているだけで価値がある! 自分の存在を肯定する歴史思考

    BOOKSTAND

    9/6

  • 奇跡の人

    奇跡の人

    週刊朝日

    12/4

    石原さとみ つかこうへいと「すごいバトル」をした過去

    石原さとみ つかこうへいと「すごいバトル」をした過去

    週刊朝日

    11/28

  • 高畑充希「いい人に思われたい、とかはない」

    高畑充希「いい人に思われたい、とかはない」

    週刊朝日

    12/22

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す