コロナ感染者座談会…イジメが怖くて未報告、抗体も検出されず

ヘルス

2020/11/21 07:02

 新型コロナウイルスの感染拡大が一向に止まらない。“第3波”到来と囁かれるなか、もし自分が感染してしまったら……と考える人は少なくないだろう。すぐに検査はできるのか。どこでどのように療養すればいいのか。どのような苦しみが待っているのか──。匿名を条件に“経験者”に聞いた。明かしてくれたのは、フリーの水道設備事業者として働く傍ら、複数の飲食店で店長もこなすAさん(40代・東京都在住)、複数の会社から業務委託を受けて営業マンとして働くBさん(40代・神奈川県在住)、メディア系企業に勤務するCさん(30代・東京都在住)の3人だ。

あわせて読みたい

  • 保健所職員が告白「正義感がある人ほど燃え尽きる」 患者の声を聞く時間なく苦悩も

    保健所職員が告白「正義感がある人ほど燃え尽きる」 患者の声を聞く時間なく苦悩も

    AERA

    2/8

    感染した記者「僕のウイルスは変異株ですか?」との質問に医師が発した驚きの言葉

    感染した記者「僕のウイルスは変異株ですか?」との質問に医師が発した驚きの言葉

    dot.

    7/11

  • 「コロナに危機感持てたのは黒沢のおかげ」鈴木おさむが感じた大切なこと
    筆者の顔写真

    鈴木おさむ

    「コロナに危機感持てたのは黒沢のおかげ」鈴木おさむが感じた大切なこと

    dot.

    4/9

    コロナで父親急死 大阪府議が激白「吉村知事に命の選別の過酷さ伝えたい。保健所に200回以上、電話」

    コロナで父親急死 大阪府議が激白「吉村知事に命の選別の過酷さ伝えたい。保健所に200回以上、電話」

    dot.

    6/1

  • コロナ感染した息子を自宅看護する母親が語る恐怖と絶望「夜、眠れない」 緊急事態一部解除も消えぬリスク

    コロナ感染した息子を自宅看護する母親が語る恐怖と絶望「夜、眠れない」 緊急事態一部解除も消えぬリスク

    週刊朝日

    5/15

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す