「高いと危険」ではない? 血圧、コレステロール、血糖値“正常値信仰”のワナ (2/3) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

「高いと危険」ではない? 血圧、コレステロール、血糖値“正常値信仰”のワナ

亀井洋志週刊朝日#ヘルス
※写真はイメージです (GettyImages)

※写真はイメージです (GettyImages)

主な健診の問題点 ※医師や専門家への取材をもとに編集部が作成 (週刊朝日2020年11月20日号より)

主な健診の問題点 ※医師や専門家への取材をもとに編集部が作成 (週刊朝日2020年11月20日号より)

 血圧が上がって一番心配なのは脳内出血だが、1960年ごろからその数は一貫して減っている。栄養状態がよくなり、血管が丈夫になったことが考えられる。もちろん血圧が高すぎる人は治療が必要だが、薬によって脳梗塞が増えているのであれば本末転倒だ。

 コレステロールの項目も、数値が高いと心筋梗塞になるリスクが高まるとして、正常値が厳しく設けられている。だが、大櫛氏が説明する。

「現在では、血中コレステロール値が高いと動脈硬化を起こすという説は否定されています。むしろ、高めの人のほうが長生きすることがわかっています。米国政府は15年に卵などのコレステロール摂取制限を撤廃しています」

 健診の死角となるのは、血圧やコレステロールなどが正常値ならば安心してしまうことだ。

 精神科医で内科医でもある和田秀樹・国際医療福祉大学大学院教授が語る。

「血液検査が正常でも動脈硬化を起こす人はいます。心筋梗塞が心配ならば、5年に1度くらい心臓ドックを受けて、冠動脈の狭窄(きょうさく)が起きていないか調べるほうが合理的です。そもそも日本は先進国の中で心筋梗塞が最も少ないのです。血圧やコレステロール値にナーバスになりすぎです。正常値信仰はそろそろやめるべきです」

“悪玉”とされるLDLコレステロールは、神経伝達物質のセロトニンを脳に運ぶ働きに関与するなど、精神医学から見れば“善玉”なのだという。

 次に血糖値。肥満などが原因の2型糖尿病は放置していると、腎症や心筋梗塞、脳卒中、網膜症などの合併症を引き起こす。

 前出の大櫛氏は、健診の中では、血糖値は最も重要な検査項目だという。

「糖尿病が怖いのは、インスリンが減っていくと元に戻せないことです。糖質過剰食が主な原因ですから、米やパンなど炭水化物(糖質)を制限するしかありません。高血糖状態を早く見つければ、1日3食のうち夕食だけ炭水化物を抜くとか、軽い制限で済みます」

 糖質制限でも血糖値が下がらなければ、インスリンを注射するなどの治療が必要になってくる。血糖値の正常値はHb(ヘモグロビン)A1cが4~5.5%だが、前出の和田氏は治療による下げすぎを懸念する。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい