デビュー21周年の嵐 メンバーが語った「小さなビルに社員3人」だったころ 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

デビュー21周年の嵐 メンバーが語った「小さなビルに社員3人」だったころ

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日
※写真はイメージ(gettyimages)

※写真はイメージ(gettyimages)

 11月3日に、記念すべきデビュー21周年を迎える嵐。12月31日まで走り続ける「今」の気持ち、そして「未来」へ向かうこれからの思いをメンバー5人が語った。

【写真】嵐の5人が表紙を飾った週刊朝日はこちら

*     *  *
──デビュー3年後に「月刊アサヒグラフperson」に登場。当時、どんなことを考えていましたか。

大野智:若いなぁ~。でもみんな変わらないよね。ニノなんて何も変わらないじゃん(笑)。

二宮和也:さすがに少しは変わっているでしょ。記事に「生きるのが下手」って書いてる。それは今もありますよ、人付き合いがうまいほうじゃないし……変わっていないね(笑)。

櫻井翔:いろんなチャレンジをしてた時期でしたね。自社レーベルを立ち上げたけど、小さなビルに社員3人しかいなかった。大きな船から手作りの船に乗り換えた感覚で。

相葉雅紀:そうだ。新しいチャレンジができる喜びと不安。僕はちょうど気胸をやったころで、その不安もありましたね。時間とともに「なるようになる」って考えられるようになったけど。大野さんは?

大野:俺は日記を書いてるから、実家に帰ったときたまに読み返すんだけど、この頃は「今日も駄目だった」「明日も頑張ろう」とか、そんなことばかり書いてるよ(笑)。

松本潤:僕も10代の終わりで、いろんなことにもがいてたな。社会に出ていくことに対して「就職」みたいな思いが強かったから、グループのことも、とにかく考えていた。常に何かと戦ってるような時期でしたね。

相葉:その頃の自分に声をかけるなら?

松本:機嫌悪く返されそうだから話しかけない。丸くなったと言われてます(笑)。

後編:嵐の5人に本心を聞いた! 21年の活動で得た宝物は? 20年後はどうありたい?】に続く

(構成/大道絵里子、本誌・太田サトル)

■嵐(あらし)/1999年に、ハワイでデビュー会見&グループ結成。同年11月3日に「A・RA・SHI」でCDデビューを果たす。デビュー21周年の記念日にあたる今年11月3日に、「アラフェス 2020 at 国立競技場」(配信ライブ)を開催。今年12月31日をもって活動を休止することが発表されている。写真左から二宮和也(1983年生まれ、東京都出身)、大野智(1980年生まれ、東京都出身)、松本潤(1983年生まれ、東京都出身)、相葉雅紀(1982年生まれ、千葉県出身)、櫻井翔(1982年生まれ、東京都出身)。

週刊朝日  2020年11月6日号より抜粋


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい