兄が親の財産を使い込み…介護を一人で担った妹の末路 (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

兄が親の財産を使い込み…介護を一人で担った妹の末路

このエントリーをはてなブックマークに追加
大崎百紀週刊朝日#遺産相続
※写真はイメージです (GettyImages)

※写真はイメージです (GettyImages)

相続でもめないために「親がやっておくべきこと7カ条」 (週刊朝日2020年10月2日号より)

相続でもめないために「親がやっておくべきこと7カ条」 (週刊朝日2020年10月2日号より)

 一人で親の介護をして、結局相続した財産は何もしなかった他のきょうだいと均等に──。そのような例は後を絶たない。さらにこんなケースを専門家が教えてくれた。

【相続でもめないために「親がやっておくべきこと7カ条」はこちら】
*  *  *
 介護に追われている間に、ほかのきょうだいに親の財産を使い込まれてしまうというケースがある。相続コーディネート業務を行う「夢相続」代表取締役の曽根恵子さんが事例を紹介してくれた。

 佐知子さん(仮名)の母親は、70歳のときに脳出血で倒れて半身不随になった。夫を亡くして一人暮らしだったが、佐知子さんの兄夫婦は同居するつもりがなく、佐知子さんが介護することになった。

 母親は自宅マンションを売却し、佐知子さんの住まいに近い賃貸の団地に引っ越した。売却を機に、兄が母親名義の通帳を預かった。一方、佐知子さんは母親の年金が入る銀行口座を管理し、そこから家賃と介護費用を捻出した。

 佐知子さんはパート勤めをしながら母親の元に毎日通い、食事の用意など生活を全面的にサポートした。兄夫婦はほとんど顔を出さなかった。

 14年後に母親が亡くなると、兄はこう切り出した。

「母の預金は1千万円しかないので、お前には400万円を渡してやる。俺が600万円。それでいいな」


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい