「タメ口キャラ」で大ブレークしたフワちゃん 英語や中国語が堪能で海外に進出も 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

「タメ口キャラ」で大ブレークしたフワちゃん 英語や中国語が堪能で海外に進出も

このエントリーをはてなブックマークに追加
牧忠則週刊朝日
フワちゃんが唯一、敬語を使う高嶋ちさ子(C)朝日新聞社

フワちゃんが唯一、敬語を使う高嶋ちさ子(C)朝日新聞社

 人気YouTuberでタレントのフワちゃんがテレビで引っ張りだこだ。大御所にも敬語を使わない「タメ口キャラ」は見ている視聴者もヒヤヒヤするが、テレビ関係者はこう評価する。

【写真】フワちゃんも憧れる元祖「奇抜系」といえばこの人

「彼女は共演者を怒らせないギリギリのところで止めている。おバカキャラみたいな雰囲気ですが、頭の回転が速いんだと思います。予定調和の雰囲気を壊すけど、場の空気を悪くするわけではない。その個性が制作サイドに重宝されているんだと思います」

 フワちゃんが敬語を使うのはバイオリニストの高嶋ちさ子だけ。和田アキ子、明石家さんま、ダウンタウンら芸能界の重鎮たちにもタメ口で接する。

 エピソードも破天荒だ。フワちゃんは現在フリーで活動しているが、以前は芸能事務所に所属していた。そのいきさつは色々な番組で告白している。当時の芸能事務所の幹部に床に座っていることを注意されたので去り際に中指を立ててふざけていたら、夜だったため鏡で反射されて見られていた。それがクビになる決定打だったという。

 ただ、忖度(そんたく)しない発言が視聴者の思いを代弁して共感を得ることも。フジテレビ系バラエティー番組「ダウンタウンなう」に出演した際、共演者のタレント・坂上忍に「フワちゃんてさ、恋とかすんの?」と聞かれた時、「は? あんたこの関係性で教えてあげるわけないじゃん」と返した。落ち込む坂上さんを見て「かわいい、でも好きだよ」とフォローしたが、ネット上では、

「真似(まね)できないけど同じ女性としてフワちゃんの対応は素晴らしいと思う」

 など評価する声が多かった。

 この個性的なキャラクターに、批判の声も少なくない。

「新手の毒舌ぶっちゃけキャラを狙っているんだろうけど、マツコ(・デラックス)とか有吉(弘行)とかは相手に敬意を持っているのがわかるから観ていられるのであって、いくらキャラ作りとはいえ誰に対してもタメ口とか不快感しかない」

「テレビを制作しているスタッフと視聴者の感覚のズレを象徴しているのがフワちゃんだと思う。スタジオの内輪では楽しいかもしれないけど、見ている方は何が面白いのか分からない」

 など手厳しい意見が。

 ある芸能事務所の関係者は、こう分析する。

「フワちゃんのこのキャラクターがいつまで受け入れられるかは分からない。本人も分かっているでしょう。その時にどうイメージチェンジしていくか。英語や中国語が堪能なので海外に進出するかもしれない。全力で走りながら色々考えていると思いますよ」

 フワちゃん旋風はいつまで続くか。(牧忠則)

※週刊朝日オンライン限定記事


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい