小2で父親を亡くした漫才師サンキュータツオ 志半ばで世を去った人を描く理由

読書

2020/09/08 17:00

 死に鈍感になると生に鈍感になり人の痛みにも鈍感になる――。漫才師で日本語学者のサンキュータツオさんは、随筆『これやこの サンキュータツオ随筆集』(KADOKAWA)のテーマに「別れ」を選んだ。縁あって出会ったものの、もうこの世にはいない人たちとのかかわりが描かれている。この著書に込められた思いを、本人にインタビューした。

あわせて読みたい

  • 嘉門タツオ62歳、初めて語る「母との別れ」 今だからこそ思う「歌う意義」
    筆者の顔写真

    中西正男

    嘉門タツオ62歳、初めて語る「母との別れ」 今だからこそ思う「歌う意義」

    dot.

    12/4

    氷川竜介とサンキュータツオが語る庵野秀明展 「エネルギーの蓄積を未来につなげた」

    氷川竜介とサンキュータツオが語る庵野秀明展 「エネルギーの蓄積を未来につなげた」

    AERA

    11/28

  • 大ヒット映画『Straight Outta Compton』の名セリフと名場面を読み解く副読本の販売開始!

    大ヒット映画『Straight Outta Compton』の名セリフと名場面を読み解く副読本の販売開始!

    Billboard JAPAN

    6/6

    “3人のおじさん”に2000人が集結 「東京ポッド許可局」が起こした奇跡

    “3人のおじさん”に2000人が集結 「東京ポッド許可局」が起こした奇跡

    AERA

    10/23

  • マキタスポーツ、手探りで挑んだ娘の中学受験「合格発表日はライブハウスの通用口で号泣でした」

    マキタスポーツ、手探りで挑んだ娘の中学受験「合格発表日はライブハウスの通用口で号泣でした」

    dot.

    7/1

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す