ゆきぽよ「ギャルは努力。茨城とか田舎のほうがイケてる」 (1/3) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

ゆきぽよ「ギャルは努力。茨城とか田舎のほうがイケてる」

このエントリーをはてなブックマークに追加
ゆきぽよ (撮影/写真部・小黒冴夏)

ゆきぽよ (撮影/写真部・小黒冴夏)

ゆきぽよさんと林真理子さん (撮影/写真部・小黒冴夏)

ゆきぽよさんと林真理子さん (撮影/写真部・小黒冴夏)

 人気ギャルタレントとして、バラエティーや情報番組に引っ張りだこのゆきぽよさん。多忙を極める国民的ギャルの次なる夢は、「ママタレ」そして「ハリウッド進出」。そんな夢を語る彼女に作家・林真理子さんも興味津々!?

【林真理子さんとのツーショット写真はこちら】

*  *  *
林:ゆきぽよさん、テレビで見ると「すごくカワイイ」という感じだけど、実際に見ると妖艶な感じがしますね。

ゆきぽよ:妖艶ですか?

林:美人オーラがすごい。お肌もきれい。人間とは思えない!

ゆきぽよ:アハハハ。ありがとうございます。

林:今、テレビに出ない日がないぐらい忙しいでしょう?

ゆきぽよ:ありがたいです。

林:私、「サンデー・ジャポン」よく見ますよ。大人とはちょっと違う意見を言わなきゃいけないし、あんまりズレたことを言うと何か言われるし、大変ですね。

ゆきぽよ:「安倍総理カワイイ」って言ったら、左翼とか右翼とか、よくわかんないそういう人たちから、批判の声をたくさんいただきました。ということもあって、この仕事をする前まではニュースはぜんぜん見なかったんですけど、最近はちゃんと見るようにしてます。

林:おまけに、上から下までカメラが狙ってるし、気が抜けないですよね。

ゆきぽよ:1時間ぐらい脚閉じてればいいや、と思ってます(笑)。

林:エッセー(『ゆきぽよ流 愛される秘訣』)を読ませていただきましたけど、私、ギャルって形態かと思ってたら、それは認識違いで、努力してなるものなんですよね。

ゆきぽよ:努力ですね。ギャルを目指してても、ぜんぜんギャルになれない子がいっぱいいます。何も考えてなくて、好きな格好をしてたらそれがギャルだったという子もいて、有希(本名)はどちらかというと気づいたらギャルだったという派ですね。

林:ゆきぽよさんがギャルに固執するのは、ギャルは日本が誇るべき女性の文化だと思っているからですか。

ゆきぽよ:そうです! ギャルは歌舞伎と一緒で、日本が誇るべき文化だと思います。

林:おお、すごい(笑)。エッセーに「子どもも絶対ギャルにする」って書いてあったし、ゆきぽよさんにとってギャルになるって大きなことだったんですね。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい