東京五輪のメダル狙う社会人選手は難しい? 平井コーチが「目標の大切さ」語る (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

東京五輪のメダル狙う社会人選手は難しい? 平井コーチが「目標の大切さ」語る

連載「金メダルへのコーチング」

このエントリーをはてなブックマークに追加
平井伯昌週刊朝日#平井伯昌
平井伯昌(ひらい・のりまさ)/競泳日本代表ヘッドコーチ、日本水泳連盟競泳委員長

平井伯昌(ひらい・のりまさ)/競泳日本代表ヘッドコーチ、日本水泳連盟競泳委員長

低酸素発生装置を使ってトレーニングをする東洋大水泳部員=撮影・平井伯昌

低酸素発生装置を使ってトレーニングをする東洋大水泳部員=撮影・平井伯昌

 指導した北島康介選手、萩野公介選手が、計五つの五輪金メダルを獲得している平井伯昌・競泳日本代表ヘッドコーチ。連載「金メダルへのコーチング」で選手を好成績へ導く、練習の裏側を明かす。第33回は「目標」について。

【写真】低酸素発生装置を使ってトレーニングをする東洋大水泳部員
*  *  *
 8月に入って短い休みを取った後、気分を新たに10日から練習を再開した私のチームは、学生たちの頑張りが目を引きます。

 昨年の世界選手権女子200メートル自由形で決勝に進んだ大学3年の白井璃緒(りお)、女子200メートル個人メドレーでリオ五輪に出た大学2年の今井月(るな)は、休み明けにもかかわらずいい動きを見せて、充実した練習ができています。

 五輪を目指すチームとは別に、10月の日本学生選手権(インカレ)を目標にする東洋大の水泳部は自粛期間が明けてから、休みなしで練習を続けてきました。白井も今井もインカレというゴールが目の前にあるので、やる気を出している。4人の社会人選手はエンジンがかかりきっていないところがあるので、やっぱり目指すものがなければダメだな、という思いを強くしています。

 競泳はシーズンの最も大きな大会を目標に1年間の強化スケジュールを組みます。代表選考会を兼ねた4月の日本選手権で最初のピークを作り、夏の国際大会のゴールに向けて仕上げていきます。

 体にしみついているこのスケジュールが今年はまったく変わってしまい、4月から8月まで手探り状態が続きました。

 自分のことを振り返っても、4、5月は時間はあったけれど本が一冊も読めなかった。これまでやってきたことを頭の中で整理できて有意義な時間を過ごせましたが、行動自粛の必要もあって新しいものを身につけようという気持ちにはなれなかったのです。

 8月の休み期間は学生の練習を見ていました。インカレを目指してアクセルを踏み込んでいる部員たちを見て、久しぶりに新しいものを取り入れていこう、という意欲がわいてきました。初心に帰ったような感じです。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい