“打者受難”でも投手は粒ぞろい 流しのブルペンキャッチャーが選ぶ甲子園前半戦の逸材 (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

“打者受難”でも投手は粒ぞろい 流しのブルペンキャッチャーが選ぶ甲子園前半戦の逸材

このエントリーをはてなブックマークに追加
秦正理週刊朝日
智弁学園戦で150キロ台の直球を連発した中京大中京の高橋宏斗=撮影/松永卓也(写真部)

智弁学園戦で150キロ台の直球を連発した中京大中京の高橋宏斗=撮影/松永卓也(写真部)

 他にも高橋を擁する中京大中京と互角の投手戦に持ち込んだ智弁学園の2年生左腕・西村王雅も好投を見せた。右投手では「見るのを楽しみにしていた」という八方悠介(鹿児島城西)の名が挙がる。

「昨夏、八方の制球難もあってチームは負けたんですが、1年たってめざましい成長を見せてくれました。制球力と球質の向上に、ほとんどの回で先頭打者を打ち取るセンスの良さ。“大人の”投手でした」

 屈指の逸材としたのは天理の2年生投手・達孝太。

「1イニングのみでしたが、2奪三振と堂々たるピッチング。大物感たっぷりで、大谷翔平(エンゼルス)のようにも、ダルビッシュ有(カブス)のようにも成長する可能性を秘めています」

 事実、達は憧れの投手を「ダルビッシュ」と答えた。すらりとした193センチの長身で、本人によれば「まだ(身長は)伸びている」という。細身で、腰回りが薄いのは東北高時代のダルビッシュと似ている。「卒業までに最高球速155キロを目指したい」と語っただけに、今後が楽しみな有望株だ。

 15日から再開される“後半戦”にも好カード、好選手は目白押し。今回、触れたポイントに注目して観戦しても面白いかもしれない。

(本誌・秦正理)

※週刊朝日オンライン限定記事


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい