王貞治さんが高校球児にメッセージ「挫折が強い気持ちにつながった。常に自分にハングリーであれ」 (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

王貞治さんが高校球児にメッセージ「挫折が強い気持ちにつながった。常に自分にハングリーであれ」

このエントリーをはてなブックマークに追加
吉崎洋夫週刊朝日
ソフトバンクホークスの王貞治会長(C)朝日新聞社

ソフトバンクホークスの王貞治会長(C)朝日新聞社

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で中止となった今夏の全国高等学校野球選手権大会。8月10日からは選抜大会の出場校による「2020年甲子園高校野球交流試合」が阪神甲子園球場で行われるが、多くの高校球児たちにとって甲子園出場という目標を奪われたことに変わりはない。未曾有の困難をどう乗り越えたらいいのか、野球界の先賢たちに球児たちへのメッセージを聞いた。第1回は、ソフトバンクホークスの王貞治会長にお話をうかがった。(週刊朝日増刊「甲子園2020」より)

【写真特集】伝説の女子マネも登場! 増刊『甲子園』の表紙を飾った美少女たち
◆  ◆  ◆ 

 高校球児たちは甲子園に出場することを夢に、毎日毎日苦しい練習に耐えてきたと思います。特に今回の大会が最後だった3年生にとっては、本当に苦しい経験だったと思います。この経験は今年の選手にしかわからないつらさでしょう。

 だけど、起きてしまったことはどうしようもありません。同じ野球の道を通ってきた者からすれば、これをバネにして自分の人生をより強いものにしてほしいと思っています。

 今回の甲子園中止は、他の球児が経験できないような大きな試練です。僕もこんなことが起こるなんて想像もしたことがなかった。でも、逆に言えば、これを乗り越えれば、すごいバネになるはずです。甲子園があるときよりも一層、羽ばたく人も出てくると僕は信じています。

 僕も最後の甲子園は地方大会の決勝で敗れて、出場できませんでした。それまでに4回も甲子園に出ていたから、当然出ることができると僕もチームも過信していたから、出場の夢が断たれたときはものすごいショックを受けた。僕はしばらく立ち直ることができませんでした。だけど、振り返ってみると、この時の挫折があったから、「今度こそ絶対に夢を実現するんだ」という強い気持ちにつながった。甲子園には出たかったけれど、それがかえって、いい刺激になったんだと思います。

 まだ17歳、18歳でしょうから、人生はこれから70年、80年とあります。今回の経験を糧に、自分の人生に不屈の闘志で向かってもらいたいです。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい