ジュリーのオーラは独特 「夜ヒット」芳村真理をうならせた沢田研二の存在感 (1/4) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

ジュリーのオーラは独特 「夜ヒット」芳村真理をうならせた沢田研二の存在感

このエントリーをはてなブックマークに追加
芳村真理さん (撮影/写真部・張溢文)

芳村真理さん (撮影/写真部・張溢文)

芳村真理さん(右)と林真理子さん (撮影/写真部・張溢文)

芳村真理さん(右)と林真理子さん (撮影/写真部・張溢文)

 女性司会者の草分け的存在、芳村真理さん。数多くの人気番組で司会を務めたなかでも、20年続けた「夜のヒットスタジオ」の思い出を、古くからのお付き合いがある作家の林真理子さんが伺いました。

【林真理子さんとのツーショット写真はこちら】

*  *  *
林:芳村さん、どうしてらっしゃるかなと思ってたんですよ。ご主人(大伴昭氏=実業家)の介護をやってらっしゃると聞いてましたから。

芳村:亡くなりました。おととしの暮れに。

林:すごく素敵な方でした。私たち世代の憧れの的で、英語ペラペラ、歌もうまくて。

芳村:ジャズが大好きでした。

林:やることなすことすべてカッコよくて、いつだったか赤坂のピアノバーに連れてっていただいたとき、誰かが歌ったら、お二人で踊り始めて、まあそのカッコよさったら。

芳村:うふふ。でも厳しかったのよ。うちではね。

林:芳村さんが司会をなさっていた「夜のヒットスタジオ」、司会は何年ぐらい続いたんですか。

芳村:千回。

林:千回というと……20年ですか(1968~88年)。

芳村:それでね、マリコさんに見せたらたぶんなつかしがるだろうなと思って、あのころ私が着てた洋服のアルバムを持ってきたの。(2冊の分厚いアルバムをテーブルに置く)

林:(開いて)あっ、こういうのを残してたんですね。

芳村:本番の直前、スタジオの入り口でパッパッと写真撮ってたの。

林:なつかしい! エマニュエル・カーン、ジャン・ルイ・シェレル、ソニア・リキエル、クリツィア、ミッソーニ……。

芳村:あのころシャネルなんかがショーで日本に来ると、すぐ「着てください」って持ってきて貸してくれたの。それを毎回着てた。1週間に1着ずつ、オートクチュールを。

林:ふつうの人が一生に一度も着られないものを、毎週着てたってすごいです。20年も司会をなさってると、いろいろハプニングとか思い出もおありでしょう。

芳村:そりゃあもう、いろいろあります。新人が毎回一人必ず出るんだけど、私、今でも覚えてるのは新沼謙治さん。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい