開高健の名ルポ「ずばり東京」から57年 日本橋に空を取り戻す動き? (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

開高健の名ルポ「ずばり東京」から57年 日本橋に空を取り戻す動き?

鈴木裕也週刊朝日
【日本橋地下化計画 BEFORE】首都高の地下化で景観はがらりと変わる (再開発の計画は現時点の情報を基に、首都高速道路株式会社が作成したイメージです)

【日本橋地下化計画 BEFORE】首都高の地下化で景観はがらりと変わる (再開発の計画は現時点の情報を基に、首都高速道路株式会社が作成したイメージです)

【日本橋地下化計画 AFTER】再開発の計画は現時点の情報を基に、首都高速道路株式会社が作成したイメージです

【日本橋地下化計画 AFTER】再開発の計画は現時点の情報を基に、首都高速道路株式会社が作成したイメージです

 それが「日本橋地域の魅力向上と、景観や環境の改善に貢献していきたい」(首都高速道路広報)という開発に至ったのだから、天と地がひっくり返るような転換と言えるのではないか。

 最終回「サヨナラ・トウキョウ」で開高はこう書いた。

<東京は日本ではないと外人にいわれるたびに私は、いや、東京こそはまぎれもなく日本なのであると答えることにしている。都には国のすべての要素が集結しているのだ。(略)私はこの都を主人公にして一つの小説を書こうとも考えて探訪しつづけてきたのである>

 主人公であるその首都で今、起き始めているパラダイムシフトを知ったら、続編を書く、と言いだすかもしれない。

「漂えど沈まず」「悠々として急げ」「朝露の一滴にも天と地が映っている」……言葉の魔術師は、2020年の東京をどんな文句でとらえるだろう。(本誌・鈴木裕也)

週刊朝日  2020年7月31日号より抜粋


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい