「アイドルグループ大物プロデューサーの申し出も断った?渡辺真知子が自分で歩く理由」 (1/4) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

「アイドルグループ大物プロデューサーの申し出も断った?渡辺真知子が自分で歩く理由」

このエントリーをはてなブックマークに追加
渡辺真知子さん(右)と林真理子さん(撮影/写真部・小黒冴夏 衣装協力:HIROKO KOSHINO)

渡辺真知子さん(右)と林真理子さん(撮影/写真部・小黒冴夏 衣装協力:HIROKO KOSHINO)

渡辺真知子(わたなべ・まちこ)/1956年、神奈川県生まれ。77年「迷い道」でデビュー。「かもめが翔んだ日」「ブルー」「唇よ、熱く君を語れ」など、日本のポップスシーンに残る数々のヒット曲を送り出し、印象的な歌詞と心に残るメロディー、抜群の歌唱力で一躍人気アーティストの仲間入りを果たす。「かもめが翔んだ日」で、日本レコード大賞最優秀新人賞、ほか音楽祭13賞受賞。ジャズ、ラテン、ロック、クラシックなど、スタンダードナンバーを斬新なアレンジで展開している。新アルバム「明日へ」(ソニーミュージック)が7月8日に発売。(撮影/写真部・小黒冴夏 衣装協力:HIROKO KOSHINO)

渡辺真知子(わたなべ・まちこ)/1956年、神奈川県生まれ。77年「迷い道」でデビュー。「かもめが翔んだ日」「ブルー」「唇よ、熱く君を語れ」など、日本のポップスシーンに残る数々のヒット曲を送り出し、印象的な歌詞と心に残るメロディー、抜群の歌唱力で一躍人気アーティストの仲間入りを果たす。「かもめが翔んだ日」で、日本レコード大賞最優秀新人賞、ほか音楽祭13賞受賞。ジャズ、ラテン、ロック、クラシックなど、スタンダードナンバーを斬新なアレンジで展開している。新アルバム「明日へ」(ソニーミュージック)が7月8日に発売。(撮影/写真部・小黒冴夏 衣装協力:HIROKO KOSHINO)

 シンガー・ソングライター、渡辺真知子さんの太陽のような笑顔とポジティブなエネルギーに、作家・林真理子さんとの対談の場がぱあっと華やぎました。歌に突き進む人生についてうかがううちに、本邦初登場の秘話も飛び出し──。

【前編「需要がなくなった…ヒットメーカー渡辺真知子、30代でアリゾナへ飛ぶ直前に何が?」に続く】

【写真】渡辺真知子さんの写真をもっと見る

*  *  *
林:去年でしたっけ、渡辺さんは中島みゆきさんの「夜会」に招かれて客演なさったんでしょう?

渡辺:はい。私はどっちかっていうと「真っ昼間」「炎天下」のイメージなので、「どうして私を『夜会』に?」と言ったら、「8時開演だったのを、私が7時からにしたんだ、ぐらい言いなさい」って(笑)。私がやりたい放題やれるようにお尻をどんどんたたいて、アイデアを出すと聞いてくれましたね。最初はどうなるか不安がなきにしもあらずだったんですけど、みゆきさんのドメスティックなワールドと、私のインターナショナルな感覚をうまく生かしたステージでした。

林:お芝居もあるんですよね。

渡辺:みゆきさんが年上なんですけど、ご本人が直接台本を渡してくださるときに「ごめんね」って言うから、おかしいなと思ったら、私は「姉」になってるんですよ。

林:ひどいじゃないですか(笑)。

渡辺:うふふ。お相撲をとるような感じで二人で見合うんです。みゆきさんの一言目、「姉ちゃん、整形した?」(笑)。私が「どこ?」って言うと「根こそぎ」(笑)。みんな大爆笑ですよ。

林:楽しそう。見てみたかったなあ。

渡辺:7月23日から全国ロードショーが始まります。

林:ああ、映像に撮ったんですね。ぜひ見たいです。今もボイストレーニングは毎日欠かさないんですか。

渡辺:いや、ぜんぜん。もっぱら2匹のワンコを「コラーッ」って叱って発声練習してます(笑)。

林:アハハ。ピアノは毎日弾いてらっしゃるんですか。

渡辺:ほとんど弾かないですかね。うちのバンマスの石塚まみさんは、国立音大のピアノ科を出て、クラシックからジャズ、ラテンまでジャンルを問わず弾けて、声も聡明で、歌もバッチリ。だから私は彼女を一生離さないんですけど、出会ってからは、彼女のピアノとコーラスでOK。デトロイトから呼ばれたときも、二人で行ってやってきました。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい