直木賞作家が60歳で漫画家デビュー 「天邪鬼なのかもしれません」

2020/06/23 17:00

 2016年に『海の見える理髪店』で直木賞を受賞した荻原浩さんは、60歳で漫画家デビュー。『人生がそんなにも美しいのなら 荻原浩漫画作品集』(集英社)には8編の多様な作品が収められている。漫画は1作書くのに短編小説の3本分の労力がかかるという。それでも荻原さんが漫画を描き続ける理由とは。

あわせて読みたい

  • 海の見える理髪店

    海の見える理髪店

    週刊朝日

    8/12

    芥川賞・直木賞選考会パブリックビューイングin「本屋 B&B」で繰り広げられた辛口トークとは

    芥川賞・直木賞選考会パブリックビューイングin「本屋 B&B」で繰り広げられた辛口トークとは

    BOOKSTAND

    7/27

  • 550万部突破の大人気科学漫画 作者の韓賢東さんが漫画家になるまで

    550万部突破の大人気科学漫画 作者の韓賢東さんが漫画家になるまで

    dot.

    12/11

    【追悼】ゴルゴ13のさいとう・たかを氏「私は天才ではなかった」 生前明かした人生を変えた選択とは

    【追悼】ゴルゴ13のさいとう・たかを氏「私は天才ではなかった」 生前明かした人生を変えた選択とは

    週刊朝日

    9/29

  • <現代の肖像>真藤順丈 直木賞受賞作『宝島』が誕生するまでの苦悩と秘話

    <現代の肖像>真藤順丈 直木賞受賞作『宝島』が誕生するまでの苦悩と秘話

    AERA

    11/11

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す