平松政次、山田久志、門田博光……実は「入団拒否した」選手たち

2020/05/26 17:00

 ドラフトには過去に様々なドラマが見られた。意中の球団に指名されず「入団拒否」の道を選んだ選手も。現役の選手では阪神・福留孝介、西武・内海哲也、広島・長野久義、巨人・菅野智之がプロの指名を断り、社会人野球や浪人の道を選択している。下記の選手たちはいずれも名球会入りしたスーパースターだが、1度目のドラフト指名で入団を拒否している。もし、入団していればプロ野球界の歴史が変わっていた可能性があっただけに、人生の決断が興味深い。

あわせて読みたい

  • 江川卓、清原和博、元木大介 、内海哲也、長野久義、菅野智之「巨人入りを熱望した」選手たちのその後

    江川卓、清原和博、元木大介 、内海哲也、長野久義、菅野智之「巨人入りを熱望した」選手たちのその後

    週刊朝日

    5/5

    藤王康晴、山之内健一、萩原誠、…プロの壁が厚かった「高卒スラッガー」

    藤王康晴、山之内健一、萩原誠、…プロの壁が厚かった「高卒スラッガー」

    週刊朝日

    8/11

  • イチローは“不安”、落合博満は“具体的な数字”…天才たちは入団会見で何を語った?

    イチローは“不安”、落合博満は“具体的な数字”…天才たちは入団会見で何を語った?

    dot.

    1/5

    “お金絡み”で交渉が一転暗礁も…プロ野球入りを「突然拒否」した男たち 

    “お金絡み”で交渉が一転暗礁も…プロ野球入りを「突然拒否」した男たち 

    dot.

    10/16

  • 活躍目立つ「佐々木朗希世代」 「松坂世代」「マー君世代」…過去最強の「世代」は?

    活躍目立つ「佐々木朗希世代」 「松坂世代」「マー君世代」…過去最強の「世代」は?

    dot.

    5/24

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す