乃木坂46「映像研」は深夜ドラマでも“映画並み” ウォッチャー「お金あるのね」 (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

乃木坂46「映像研」は深夜ドラマでも“映画並み” ウォッチャー「お金あるのね」

連載「てれてれテレビ」

このエントリーをはてなブックマークに追加
カトリーヌあやこ週刊朝日#カトリーヌあやこ#ドラマ
カトリーヌあやこ/漫画家&TVウォッチャー。「週刊ザテレビジョン」でイラストコラム「すちゃらかTV!」を連載中。著書にフィギュアスケートルポ漫画「フィギュアおばかさん」(新書館)など

カトリーヌあやこ/漫画家&TVウォッチャー。「週刊ザテレビジョン」でイラストコラム「すちゃらかTV!」を連載中。著書にフィギュアスケートルポ漫画「フィギュアおばかさん」(新書館)など

イラスト/カトリーヌあやこ

イラスト/カトリーヌあやこ

 漫画家&TVウォッチャーのカトリーヌあやこ氏が、「映像研には手を出すな!」(TBS 火曜25:28~ 系列局などによって放送日時は異なる)をウォッチした。

【「映像研には手を出すな!」のイラストはこちら】

*  *  *
 ゴールデンのドラマが札束でぶん殴るような豪華さで、幅広い層をつかみとるものならば、深夜ドラマは狭~い所に深~く刺さるイメージ。そんな狭くも深い醍醐(だいご)味がある本作。

 妄想おたくな浅草みどり(齋藤飛鳥)、カリスマ読者モデルだが実はアニメーター志望の水崎ツバメ(山下美月)、金勘定にめっちゃシビアな金森さやか(梅澤美波)の女子高生3人が映像研究会を立ち上げ、アニメ作りに没頭する物語。

 漫画原作で、すでにアニメ化され、NHKで放送済み。この作品がまぁよく出来ていて、特に浅草氏の声を担当した女優・伊藤沙莉のサビた声が絶妙におたくの生きざまにマッチしていた。

 だから乃木坂46の3人が演じる実写版は、ビジュアル良すぎじゃね? スイートなアイドルドラマになるんじゃね? と、斜め45度で見始めたけど、こっちはこっちでとんでもない。

 なんせハイスペックな視覚効果、そしてセット。さすが乃木坂なのね、秋元康なのね、深夜でもお金あるのね。ドラマ後には映画公開も仕込み済みで、映画スケールの仕上がりなのだ。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい