「いまこそエンタメのシステム変革を」 異色の映画制作者が明かすコロナ対策

新型コロナウイルス

2020/04/01 13:06

 コロナショックはどこまで広がるのか。都市の全面的な封鎖(ロックダウン)が現実になりそうで、街は自粛ムード。映画館や劇場の営業休止も相次ぐ。このままでは、映画や演劇などの制作現場が大きな打撃を受けてしまう。日本銀行に勤務したこともある異色の映画制作者、松枝佳紀さん(まつがえよしのり、50)は、「いまこそエンターテインメントのシステム変革が必要です」と訴える。

あわせて読みたい

  • 12月1日は「映画の日」。映画を観るなら、この日がオトクです!

    12月1日は「映画の日」。映画を観るなら、この日がオトクです!

    tenki.jp

    11/30

    ローソン社長・竹増貞信「『天気の子』ともコラボ エンタメに本気です」
    筆者の顔写真

    竹増貞信

    ローソン社長・竹増貞信「『天気の子』ともコラボ エンタメに本気です」

    AERA

    2/17

  • 「下品には描かない」ピンク看板絵師が貫く“エロス”の神髄

    「下品には描かない」ピンク看板絵師が貫く“エロス”の神髄

    週刊朝日

    5/30

    「コロナで死なない」は人生の目的ではない 和田秀樹さんが語る「新しい生活様式」への違和感

    「コロナで死なない」は人生の目的ではない 和田秀樹さんが語る「新しい生活様式」への違和感

    AERA

    7/5

  • 「自粛の中、音楽、本、映画、絵画なしで過ごした人はいますか?」鴻上尚史氏がアフターコロナ語る

    「自粛の中、音楽、本、映画、絵画なしで過ごした人はいますか?」鴻上尚史氏がアフターコロナ語る

    週刊朝日

    5/14

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す