小池百合子都知事の新型コロナ対策「患者受け入れで4000床確保」は現実味なし 

新型コロナウイルス

2020/03/28 17:00

 東京都の小池百合子都知事らは23日に開いた対策本部の会合で、新型コロナウイルス感染者が急増した場合でも受け入れられるよう、医療体制の方針をまとめた。重症患者の受け入れ先として最大で700床、中等症の患者の受け入れ先として3300床を確保する。

あわせて読みたい

  • 「冬には医療崩壊が起きる」 現場の医師が危惧する重症者が「たらい回し」になる日

    「冬には医療崩壊が起きる」 現場の医師が危惧する重症者が「たらい回し」になる日

    AERA

    8/19

    いま病院が危ない! 感染症病床は20年前の約半分に、厚労省は問題を事実上放置

    いま病院が危ない! 感染症病床は20年前の約半分に、厚労省は問題を事実上放置

    週刊朝日

    4/3

  • 救急全国1位病院がコロナ院内感染 現場医師に聞いた「最も想定外だったこと」とは?

    救急全国1位病院がコロナ院内感染 現場医師に聞いた「最も想定外だったこと」とは?

    dot.

    6/26

    自宅放置死250人は「人災」 英米のコロナ対策を知る日本人医師が指弾

    自宅放置死250人は「人災」 英米のコロナ対策を知る日本人医師が指弾

    週刊朝日

    9/23

  • 「重症化の兆候」は「体温」より「息苦しさ」 医師が教える自宅療養時の注意点

    「重症化の兆候」は「体温」より「息苦しさ」 医師が教える自宅療養時の注意点

    AERA

    8/12

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す