パーティー、ゴルフに会食三昧 緩みっぱなしの自民党と安倍政権 (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

パーティー、ゴルフに会食三昧 緩みっぱなしの自民党と安倍政権

このエントリーをはてなブックマークに追加
上田耕司週刊朝日#安倍政権
参院本会議に臨む安倍晋三首相=3月6日 (c)朝日新聞社

参院本会議に臨む安倍晋三首相=3月6日 (c)朝日新聞社

 新型コロナウイルスの感染拡大防止なんてそっちのけ。自民党のセンセイたちの気の緩みを、各週刊誌が相次いで報じている。

【写真】台湾は支持率爆上げ!コロナ対策で注目の38歳天才大臣がこちら

 まずはカジノを含む統合型リゾート(IR)事業をめぐる汚職事件で起訴され、先月保釈された衆院議員の秋元司被告=自民党を離党=だ。

 参加者1人1万円の政治資金パーティーとしての昼食勉強会を3月25日に開くという。自民党の林幹雄幹事長代理を講師として招く予定だ。

 その後、「(感染の)事態が収拾しないなら延期も考える」と開催は不確定となった。だが、立憲民主党の安住淳国会対策委員長はこうあきれる。

「収賄罪で起訴されたのに、またお金集めをするとは、事案が事案だけに首をかしげたくなります。政治資金パーティーをやって支持者の前で話をするというのなら、まずは国会でちゃんと説明責任を果たしなさい、ということに尽きる」


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい