無印良品の化粧水は楽屋でも愛される! ベテランヘアメイクが支持する理由 (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

無印良品の化粧水は楽屋でも愛される! ベテランヘアメイクが支持する理由

連載「楽屋の流行りモノ」

このエントリーをはてなブックマークに追加
山田美保子週刊朝日#山田美保子#美容
山田美保子(やまだ・みほこ)/1957年生まれ。放送作家。コラムニスト。「踊る!さんま御殿!!」などテレビ番組の構成や雑誌の連載多数。フジテレビ系「Live News it!」などのコメンテーターやマーケティングアドバイザーも務める

山田美保子(やまだ・みほこ)/1957年生まれ。放送作家。コラムニスト。「踊る!さんま御殿!!」などテレビ番組の構成や雑誌の連載多数。フジテレビ系「Live News it!」などのコメンテーターやマーケティングアドバイザーも務める

『無印良品』の「敏感肌用・高保湿タイプ」の化粧水と乳液は、乾燥やストレスによってトラブルを起こしやすい敏感な肌を優しくケアして、うるおいのある健やかな肌に導いてくれる。「さっぱり」「しっとり」タイプもある。乾燥しやすい冬は、「高保湿」にしたり、べたつく夏は「さっぱり」にしたりと、肌のコンディションに合わせて選べる。「高保湿タイプ」は、化粧水 400ml 1082円、乳液 400ml 1173円(各税抜き)。全国の無印良品やネットストア(www.muji.net)で購入可能。

『無印良品』の「敏感肌用・高保湿タイプ」の化粧水と乳液は、乾燥やストレスによってトラブルを起こしやすい敏感な肌を優しくケアして、うるおいのある健やかな肌に導いてくれる。「さっぱり」「しっとり」タイプもある。乾燥しやすい冬は、「高保湿」にしたり、べたつく夏は「さっぱり」にしたりと、肌のコンディションに合わせて選べる。「高保湿タイプ」は、化粧水 400ml 1082円、乳液 400ml 1173円(各税抜き)。全国の無印良品やネットストア(www.muji.net)で購入可能。

 放送作家でコラムニストの山田美保子氏が楽屋の流行(はや)りモノを紹介する。今回は『無印良品』の「敏感肌用・高保湿タイプ」の化粧水と乳液。

【「無印良品」の化粧水と乳液の写真はこちら】

*  *  *
 昨夏から出演させていただいている『サンデー・ジャポン』(TBS系)でメイクを担当されているのは、創業45年を誇る「アートメイク・トキ」に所属するベテランメイクさんだ。テレビ番組のスタッフロールで、この会社名を御存知の方もいらっしゃるだろう。

「株式会社アートメイク・トキ」の名前で更新し続けているTwitterをチェックすると、スタッフさんが担当した番組のPRがアップされている。『人生最高レストラン』『ぴったんこカン・カン』『ニンゲン観察バラエティ モニタリング』『水曜日のダウンタウン』『マツコの知らない世界』『坂上&指原のつぶれない店』などなど、TBSの人気番組名がズラリ。

 ヘアメイクを担当した会社の方がこんなにも熱心に番組宣伝をされているというのは、これまで見たことがないが、それだけ、視聴者の皆さんにも、ヘアメイクを施した出演者の皆さんにも、「自信をもっている」という表れだと思う。

 恐れ多くも、そんな「アートメイク・トキ」のベテランメイクさんに私も担当していただいているのだが、やっぱり使われているのは『アルブル』のクリームファンデーション。これはもう、本当にどこの局でもメイク会社でも定番だ。

 が、それ以外のスキンケア用品やヘアスプレー、ワックスなどは微妙に異なる。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい