女子マラソン代表の残り1枠は? “名古屋の覇者が近い”説 (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

女子マラソン代表の残り1枠は? “名古屋の覇者が近い”説

このエントリーをはてなブックマークに追加
秦正理週刊朝日#2020年東京五輪
女子マラソン五輪代表に内定している前田穂南(右)と鈴木亜由子 (c)朝日新聞社

女子マラソン五輪代表に内定している前田穂南(右)と鈴木亜由子 (c)朝日新聞社

松田瑞生 (c)朝日新聞社

松田瑞生 (c)朝日新聞社

 女子マラソン東京五輪代表の座をめぐる争いが佳境を迎えている。すでに前田穂南(23)と鈴木亜由子(28)が内定し、残るは1枠。現時点での最有力候補は松田瑞生(24)だ。1月26日の大阪国際女子マラソンで、派遣設定記録を上回る2時間21分47秒で優勝した。

【写真】最有力候補の松田瑞生選手はこちら

 ただ、代表選考の最後の対象レース(女子)は、3月8日の名古屋ウィメンズマラソン。名古屋で松田の記録を破る選手が現れなければ代表に決まるが、好記録が出やすい大会としても知られ、最後までもつれることも考えられる。松田はレース後、自身のツイッターに<名古屋の結果を待ちます。>と投稿。マラソン解説者の金哲彦さんはこう指摘する。

「大阪国際女子マラソンと同様に平坦なコース。開催時期の違いはありますが、気象条件さえそろえば好記録が期待できます」

 舞台がいいだけでなく、“役者”もそろっている。出場が目されている選手の中で期待値が高いのが、一山麻緒(22)と安藤友香(25)だ。一山は昨年3月の東京マラソンで、初マラソンながら日本選手トップ。昨秋のマラソングランドチャンピオンシップではハイペースの展開を作る積極性をみせた。安藤は大阪での松田の記録を11秒上回る自己記録を持つ。それを記録したのは2017年の名古屋というのも見逃せない。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい