トリの寄席も無断欠勤? 一之輔が「逃亡」の果てに気づいた仕事観 (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

トリの寄席も無断欠勤? 一之輔が「逃亡」の果てに気づいた仕事観

連載「ああ、それ私よく知ってます。」

このエントリーをはてなブックマークに追加
春風亭一之輔週刊朝日#春風亭一之輔
春風亭一之輔(しゅんぷうてい・いちのすけ)/1978年、千葉県生まれ。落語家。2001年、日本大学芸術学部卒業後、春風亭一朝に入門。新刊書籍『春風亭一之輔のおもしろ落語入門 おかわり!』(小学館)が絶賛発売中!

春風亭一之輔(しゅんぷうてい・いちのすけ)/1978年、千葉県生まれ。落語家。2001年、日本大学芸術学部卒業後、春風亭一朝に入門。新刊書籍『春風亭一之輔のおもしろ落語入門 おかわり!』(小学館)が絶賛発売中!

イラスト/もりいくすお

イラスト/もりいくすお

 落語家・春風亭一之輔氏が週刊朝日で連載中のコラム「ああ、それ私よく知ってます。」。今週のお題は「逃亡」。

【画像】一之輔が「逃亡」?

*  *  *
 正月からハイペースで仕事をしている。4月まで休みなしだ。来るがままに仕事を受けていると、こういう事態になるのである。私もどこかの誰かのように『逃亡』したくなってくる。

 例えば1月17日。昨夜日付が変わるまで飲んでいたのに、朝5時30分起きで、8時からニッポン放送で生放送のラジオ。完全に自業自得だが二日酔い。顔もむくんで声も本調子じゃない。……逃げたい。問題はどの時点でトンズラこくか、だ。タクシーが迎えに来てくれるのだが、これを巻いてしまおうか。いや、事前にタクシーチケットはもらってるからそれを使って遠くへ行こう。3万円分までは行けるはず。およそ100キロの移動が可能だ。調べてみると、都心から行けるのは沼津・甲府・前橋・宇都宮・水戸辺り。沼津、甲府は仕事でよく行く。水戸は昔、駅前で若者に絡まれて怖かったからよそう。前橋、宇都宮は……べつにいいや。水戸の手前に大洗があった。そうだ。昨日の飲み会で「本場のアンコウ鍋、食いてえなあー」と酔って叫んだの思い出した。「大洗に行ってくれ」と私。

「有楽町はいいんですか?」「……今日はいいんです」。運転手が心配してラジオのダイヤルを合わせてくれると、「本日一之輔さんは体調不良でお休みです」とラジオのパートナー。携帯に無数の着信があるが、そんなもの茨城のアンコウにのみ込まれてしまえ。昼前に大洗に着く。とにかくアンコウ鍋を食える店を探そう。ランチメニューだが、そこは奮発して鍋。「アンコウ鍋は2人前からになります~」とつれない店員。それならばと店の外で待機している運転手を呼び込む。「……いーんですか?」「いーんです。付き合って!」


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい